◎レポート【知ることからはじめようvol.2 働きがい編  社会で活躍する障がい者〜ディーセントワークって知ってる?〜】

☆開催レポート☆

 

 

こんにちは!

真のごちゃまぜプロジェクトメンバーのハルコです◎
真のごちゃまぜプロジェクト第2回目となる講座編。
「真のごちゃまぜプロジェクト〜知ることからはじめようvol.2〜働きがい編」
のレポートをお届けします◎

今回のゲストは、NPO法人ディーセントワーク・ラボ 代表の『中尾文香さん』!
障がい者雇用について教えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 


〜タイムテーブル〜

10:20~    受付開始
〈第一部〉
10:30~11:05 中尾さんによる講演
11:05~11:30 中尾さんとアークシップ代表 長谷川によるクロストーク
11:30~11:40 休憩
〈第二部〉
11:40~12:30 ワークショップ
12:40     終演


☆中尾さんによる講演☆

 

今回の中尾さんによる講演では、
“社会で活動している障がい者の方達のお話”から“障がい者就労の厳しい現状”、誰もが働きやすい環境・働きがいを感じる“ディーセントワーク”についてまでとてもわかりやすく説明していただきました。

 

 

“障がい”と聞くとマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。
健常者と違ってできないことが多い。
仕事を一緒にするのは大変そう、、、。

 

でも、ちょっと考えてみると、、、

 

忘れ物が多い
目が合わせられない
自分の意見をすぐにはっきり伝えられない、、、など。

 

こういった人って結構多くいますよね。

かくいう私も、忘れ物が多かったり、自分の意見をすぐにはっきり伝えたりすることがとても苦手です。

 

実はこれも全部“障がい”なんだそうです!

 

そう、つまり私たちはみんな障がいを持って生きているのです!!

 

ただ、その障がいというランクの坂の経度が
健常者と障がい者で違うだけ。

 

人によって向き不向きがあるように
できるできないの凸凹具合が激しいだけだったのです。

 

凸凹なんて、組み合わせちゃえば綺麗な形になります。

 

障がい者の人たちと一緒に働くと言うことに対して
案外、難しく考えすぎていただけなのかもなと思いました。

 


 

☆ワークショップ☆

中尾さんに講演していただいたあと、ワークショップを行いました。
お題はこの2つ。

① 5年後どういう社会になっていて欲しい?
② ①を実現するために明日から何ができる?

 

4グループに分けてK J法を用いて意見を出し合いました◎

グループメンバーは、学生から60代の方、車椅子などの障がいを持つ方など様々。

 

 

出てくる意見が、またみな違った視線で捉えており、とても興味深いです!

 

 

なるほどね!

そんな考え方があったんだ!

などなど新たな発見が数多く出てきました(^ ^)

 

 

最後は各班のファシリテーターさんに発表してもらいました◎

 


 

☆アンケート結果から☆

イベント後に記載してもらったアンケート結果から、今回の講座で知ったことを簡単にまとめてみました◎

 

 


 

☆みんなが知ったこと☆

参加してくれたみなさまの今回の“知ったこと”をご紹介します!

 

 

ご協力ありがとうございました(^o^)/


☆最後に☆

今回も満員御礼と言うことで、たくさんの方にご参加していただき
とても嬉しく思います!
参加してくださったみなさま、ありがとうございました(^o^)!!

次回のイベントは、、、
7/4(日) できることからやってみようvol.2 餃子パーティー編
7/19(土) 知ることからはじめようvol.3 車椅子でパワフル編

みなさまのご参加お待ちしております◎

 

 

 

 

 


ALL EVENTS
  • ヨコハマアコフェス
  • みなとみらいSTREET MUSIC
  • 横浜セントラルタウンフェスティバル“Y157”ステージイベント
  • カワサキ ストリート ミュージック バトル
  • 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり
  • 横浜音楽空間 期間限定のフリーライヴスペース
  • 横濱ジャズプロムナード
  • ホッチポッチ ミュージックフェスティバル
  • 社会人バンドのライブイベント「おとバン」