人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 目指しているコト

目指しているコト

アークシップは音楽のチカラを信じてます!!

音楽を通してたくさんのハッピーを生み出す為にアークシップは存在します!!!!

 

 

アークシップを始めた理由

〜“ミュージシャンとリスナーが増えたら、街が楽しくなるな!!”こんな妄想がきっかけでした。〜

 
 

まだ20代そこそこの頃、プロミュージシャンを目指しながら働いていた楽器屋で出会ったお客さん。
「ローリングストーンズのカバーバンドをやっているんだけど、入ってくれない?」
何気ないこんな一言が、アークシップのはじまりとなりました。

 
 

「バンドを続ける=売れる」 の発想しかなかった当時は音楽を楽しめていませんでした。
一方で、平日はサラリーマンとして働き、土日音楽を楽しむそのバンドメンバーは心から楽しそうに演奏していたのです。
音楽の原点である「音を楽しむ」姿がそこにありました。

 

当時社会人バンドが演奏出来るライブハウスは少ない状況もあり、ならば自分たちで「オトナのバンドマンが音を楽しむライブイベント」を立ち上げよう!と全くの手作りで、公募型の定期ライブイベント「おとバン」を2001年7月に実施。

 

偶然にもその時代のメンバーのつながりで、1,000人規模のホールを使える機会を知りました。
ダメ元でコンテストイベントの企画を提案したところ、
なんとその企画が通り、おとバン有志10名でイベントを始めました。

 
 

とはいえ、1,000人規模のイベント制作は誰もが初めて経験することでした。
出場者を集め、お客さんを集め、審査員や音響・照明などのスタッフを発注するなどなど・・・・
今振り返ると、それぞれ本業を持ち空いた時間で作業する素人の集まりでよく実現出来たなと思います。

 

この一連の流れで「プロ・アマ関係という立場に関係なく音楽に触れていることの楽しさ」
そして「音楽は人をつなぐ事が出来る」ことを実感しました。

 
 

地域に根差した新たな音楽文化を創ることで、既存の音楽産業とは別の音楽の未来を目指すコトの価値を広めるべく、「市民参加」という言葉が聞かれるようになった2002年にNPO法人アークシップを設立し今日に至ります。

 
 
 
 
 

 

 

トップページ » 目指しているコト

PAGE TOP