人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【インタビュー】カナガワミュージックサミット2013主催者事前インタビュー#2≪小田原城ミュージックストリート≫

【インタビュー】カナガワミュージックサミット2013主催者事前インタビュー#2≪小田原城ミュージックストリート≫

kms2013_380_60

 

みなさん、こんにちは。ブログ編集長のまっしゅです。
さて本日も主催者インタビューをお送り致します!!

 

【カナガワミュージックサミット2013】

logo_2

 

【カナガワミュージックサミット2013】とは、

 

神奈川県内で育まれた音楽をもっと皆さんに知っていただく機会を作ろうと、
横浜、川崎、県央、横須賀三浦、西湘地区など県内各地で盛り上がっている、
それぞれの地の音楽ムーブメントを集結して、
皆さんに発信していきたいと考え開催する音楽の祭典です。

 

第7回を迎える今回も、今年度に開催された各種コンテスト
イベントのグランプリアーティストをはじめ、
個性溢れる才能が一堂に会します。

 

そして、このイベントをより楽しんで頂きたく
事前にイベントの主催者・出演者のことをよく知ってもらいたいという想いを込めて
インタビューを行っております。

 

第8回目の今回は≪小田原城ミュージックストリート≫から

【飯山淳二】さんです。
それではよろしくお願いします。

 

***********************

 

 

1,まずは自己紹介をお願いします。

 

残暑お見舞い申し上げます。姓はご飯の山と書いて、飯山と申します。
きっと先祖は豪農だったんだと思います。名は淳二。次男坊ということがすぐわかります。
小田原市の文化部文化政策課というところが職場で、その名のとおり文化的な仕事をしています。
ざっくりな言い方ですみません。
バカなこと言ってますが、課の中では2番目に偉いんです。
個人的には、ラジオのパーソナリティもやったりしております。
本職がなんなのか、よくわからないです。

 

2,「小田原城ミュージックストリート」とはどんなイベントですか?

 

odawara

 

簡単に申し上げますと、小田原駅から小田原城址公園までの道すがら、
そこかしこでライブをやっているという非常にシンプルでわかりやすいイベントです。
ステージは10箇所以上ありまして100組以上が演奏したり、
ダンスしたり、そりゃもう大騒ぎさ。
当日は飛び入りOKのフリーステージもあるので、楽器片手に遊びにきても歌えます。

 

HPはこちら

 

 

3,今年度の開催内容が決まっていれば教えて下さい。

 

今回は史上初の2日間の開催になり、
10月13日(日)は小田原市民会館でロック系のバンドばかりが演奏します。
そう、街中で爆音出し過ぎちゃうといろいろ大変なので大人の対応です。
10月20日(日)はいつものとおりの野外ライブです。
13日・20日と2日間やっちゃうから、その間の期間は市内のライブハウスなどで
「ミュージックストリートウィーク」と題して企画ライブも行う予定です。
いよいよ、小田原の街全体を巻き込もうとしている「小田原城ミュージックストリート」です。

 

 

4,今回の「カナガワミュージックサミット2013」に「ぱんちょマン with 熱波」さんが出演されますが
どのようなアーティストですか?

 

odawara-1

 

決して本名を明かさない「ぱんちょマン」こと高村さんが率いるバンドです。
あ、本名明かしちゃった。
このバンドを一言で言うと「カッコイイ!」。
ボーカルの「ぱんちょマン」は、ちょっとお茶目な名前を語っていますが、歌うと凄い。
ソウルフルな歌声は聞く者を魅了します。演奏陣だって強者ぞろい。
ストイックですが、それだけではないステージを楽しんでいただきたいと思います。

 

 

5,今年は「ロードオブアリーナ2013」も開催し、

ますます小田原の音楽シーンが活性化しているように見えます!
代表的なイベントの内容を教えてもらえますか?

 

「ロードオブアリーナ」というイベント名を覚えていただいて、うれしい限りです。
今年は4月29日に開催しました。横浜アリーナにも負けない名前の小田原アリーナで、若者たちを中心に盛り上がりました。
「このイベント、イベンターが入ってないってホントかよ?!」って真面目に言われたくらい、
気合いたっぷりに開催しました。すげぇ、疲れました。
でも、そんな風に気合いたっぷりな人たちが小田原にはたくさんいるので、
こうしたイベントもできるわけです。それにしても、小田原の音楽シーンが活性化しているなんて、
お世辞でもうれしいことを言ってくださいますね。豚もおだてりゃ木に登っちゃいますよ。

 

 

6,飯山さんが考える「音楽による街の活性化」とは

最終的にどんなイメージを持たれていますか?

 

あれ、今年はなんか、いつもと聞くことが違いますね。
私見を言っちゃっていいんですか?まいったな。

そういうこと、あまり考えてないんですよ、ホントに。
なにしろ、こうしたイベントを続けていくことに必死なもんですからね。
理屈って後からついてきたりするでしょ。理屈は頭のいい人に任せてるんですよ。
とはいいながら、何か言わないとまずいですよね。そうですね「音楽による街の活性化」っていうより、
音楽のような心を豊にしてくれる、時には慰めてくれる、時には勇気づけてくれる、
そういうものがそこに住まう人の心の中に、生活の中に、自然と溶け込んでいる感じがいいですね。
音楽じゃなくてもいいと思ってます。せちがらい世の中ですからね、

こうしたもので心が潤うといいなぁって思います。

 

 

7,地元でお奨めスポットや郷土料理などを教えてください!!

 

お、これは毎回聞きますね。公務員という立場上、

一つのお店やモノを紹介するってのは憚られるんですが、
それを言っちゃうとこのインタビューが成り立ちませんのであえて言いますと、
私が思うに小田原近辺ってラーメン屋さんのおいしいところが多い気がするんです。
ラーメンを嫌いって人は少ないと思いますから、

小田原のラーメンを味わってみるのもいいと思いますね。
ネットででも調べて、チェーン店っぽくないところに入ってみるのも面白いと思いますよ。
私もラーメン好きですから、おすすめのお店を知りたいときは

「odawarajo.musicstreet@gmail.com」までメールください。
気が向いたら答えます。

 

 

8,最後に、「カナガワミュージックサミット2013」に向けて一言お願いします。

 

田舎者ですから、横浜に行くっていうだけで、ワクワクします。
今年も参加できて、本当にうれしいです。
当日は、いろいろな人との出会いや、素晴らしい演奏を聞くのを楽しみにしています!

 

***********************

 

ありがとうございました!!
飯山さんへのインタビューも恒例となってきましたね。
明日もアップしていきますのでお楽しみ〜★

 

↓下記チラシをクリックすると【カナガワミュージックサミット2013】のHPにジャンプできます。

KMS

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » アークシップ通信 カナガワミュージックサミット2013 トピックス » 【インタビュー】カナガワミュージックサミット2013主催者事前インタビュー#2≪小田原城ミュージックストリート≫

PAGE TOP