人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【レポート】三崎音楽空間 三崎公園会場です

【レポート】三崎音楽空間 三崎公園会場です

こんにちは。ARCSHIPスタッフの中村 亮です。

 

今回は、7月22日(日)に三浦半島三崎港で行われた「まちごとカルチャー@三崎」
略して「まちカル」の一環として行われた、三崎音楽空間三崎公園会場の様子をレポートします。

 

 

開催場所は、三崎港バス停を降りてすぐにある、「三崎公園」

 

 

 

海をバックにした、見事なロケーション。ステージからはごらんの通り、港が一望できます。
曇り空でしたが、その分すごしやすい気温で、演奏を楽しむにはとっても良い日でした。

 

 
 

8時過ぎには荷物を搬入し、着々と準備を進めます。
 

 
 

10時過ぎには準備も完了!開演が待ち遠しいですね。
 

 
 

11時45分、開演の司会が入り、本番スタート!
ここからは、三崎公園会場を盛り上げてくれた、6組の出演者の皆さんの様子をレポートします。
 

 
 

1組目はFly over(フライオーバー)の皆さん。
ボーカルと、タップダンスを入れた曲を交互に演奏するとってもユニークなジャズバンド。
スパニッシュな雰囲気漂う素敵な演奏でスタートを飾ってくれました。

 

 

 
 

2組目はAnlry(アンリィ)さん
かわいらしい歌声が特徴の女性シンガー。聴きなじみのある洋楽カバーを歌い上げていただき、
会場はアットホームな雰囲気につつまれました。

 

 
 

3組目はオートクチュールサックスカルテットの皆さん。
男性4人サックスによる4重奏です。
演奏ナンバー、MCともとっても陽気で、三崎公園会場を盛り上げてくれました。

 

 
 

4組目はムッシュ☆青木さん
「燃えろいい女」など懐かしい選曲で、漢らしいとっても熱い演奏で会場を沸かしてくれました。
演奏終了後はなんとアンコールが! 急遽1曲演奏していただいちゃいました。

 

 
 

5組目は三崎中学校音楽部の皆さん。
地元の中学校の1年生バンド・2年生バンド・3年生バンドによる3部構成。
とってもかわいらしいバンド3組の元気な演奏が響きわたりました。

 

 

 

 
 

三崎公園会場のトリは、THE BOONのお二人。
男性ボーカル&アコースティックギターと、女性ボーカル&ジャンベという
打楽器による演奏という、とってもユニークなデュオ。
ビートルズのカバーを熱く歌い上げてくれました。

 

 
 

第2回三崎音楽空間三崎公園会場は、以上の皆様による演奏でした。
出演いただいた皆様、ありがとうございました!

 
 

最高のロケーションにバラエティ豊かな出演者でお送りする三崎音楽空間、
次回は12月16日(日)開催予定です。
暖流の影響を受けて、冬でも暖かい三浦の魅力を感じながら、
バラエティー豊かなミュージシャンが登場します。
次回も楽しみにしてくださいね!!

 
 

亮くん、ありがとうございました。

 
 

次回もお楽しみに〜

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » イベントレポート » 【レポート】三崎音楽空間 三崎公園会場です

PAGE TOP