人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】 No,239 五十嵐セレクト 66

【私的音楽評】 No,239 五十嵐セレクト 66

 

 

 

 

先日WEBで、文部科学省の方針で、
低所得の家庭が多い小中学校に教員を2,000人増やす、
というニュースが流れていた。

 

 

金銭的余裕がない低所得者層に向けて、
教員を増加(2,000校に各1名らしい)させ、
放課後教育を手厚くすることによって、
結果的に貧困の連鎖を断ち切るのが狙い、とのこと。

 

 

別のところにも書いたのだけれど、
教育政策であると同時に貧困対策にもなっていて
一石二鳥の政策といえるかもしれない。

 

 

ただ、やはり別のところにも書いたのだけれど、
大事なのは単に数を増やすことではなくて、
その仕組みを如何に回すかだと思う。

 

 

自分の連れ合いも教員をやっているのだけど、
クラス担任とクラブの顧問職員になってから以降
休日がほとんど無い。

 

 

先生方は、授業の時間とその準備、アフターフォローに加えて、
生徒ひとりひとりを評価し、学期や年度の教育計画を策定し、
研修や来訪者対応を行い、それから校庭の草むしりやら、
近隣の方々含めた渉外対応なんかもしなくてはならず、
加えて校内外の行事へも参加しつつ、場合によってはクレーム対応などなど。。。。
要はとても忙しいのである。

 

 

ICTを活用し、教育にかける予算を増やすことによって、
今よりさらに「教育」を大事にする国になって欲しい、と思う。
個人個人を大事にする国になって欲しい、と思う。

 

 

今、地元の小学校の先生方と、
イベントをまさに立ち上げようとしているのだけど、
そんなことを考えながらも、参加する人全ての笑顔を見たくって
準備を進めている。

 

 

ぐるぐる白楽 はためきアート展は10月25日〜11月8日 開催予定です。
お楽しみに!!

 

 

さてさて、今回は9月にお誕生日を迎える3人の女性アーティストを取り上げてみました。

 

 

Sweet Harnomy / Maria Muldaur

 

デビューアルバムが有名ですが、
Smokey Robinson のカバー曲をタイトルにした、この3枚目もなかなかです。

 

この曲が入っているアルバムはこちら。

 

Maria Muldaur Sweet Harmony

Sweet Harmony / Maria Muldaur

 

 

Street Walkin’ Woman / Marlena Shaw

 

全体の半分以上が、男女の会話(オトコがオンナをナンパしている)
という珍しい曲。残念ながら失敗するのですが。。。

 

この曲が入っているアルバムはこちら。

 

Marlena Shaw Who Is This Bitch, Anyway

Who Is This Bicth, Anyway / Marlena Shaw

 

 

Come On Back / Carlene Carter

 

シャキシャキっとしたプロダクションが気持ちいい曲。
Nick Lowe の元奥方なのは有名ですよねー。

 

この曲が入っているアルバムはこちら。

 

Carlene Carter I Fell In Love

I Fell In Love / Carlene Carter

 

 

それでは、また!!

 

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】 No,239 五十嵐セレクト 66

PAGE TOP