人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP ホワイトキューブワークショップ【ボールペンで幸せになろう!!】プレ企画 シリーズインタビュー#7 海保 竜平さん

ホワイトキューブワークショップ【ボールペンで幸せになろう!!】プレ企画 シリーズインタビュー#7 海保 竜平さん

 

ボールペンインタビューバナー

 

 

 

 

4/24(水)にホワイトキューブにて開催するワークショップ【ボールペンで幸せになろう!】のプレ企画。

このプレ企画の始まりは、打ち合わせにて「やっぱり職種によって使うボールペンは違うのかな?」という素朴な疑問からでした。

ならば、アークシップスタッフが普段関わっている方々にインタビューしちゃおうと始まったのが シリーズインタビュー「デキル人の、ボールペンはこれ。」なのです!!

 

それでは第7回をお楽しみください。

*********************************************************

 

第7回 海保竜平さん

 

【プロフィール】

写真家。横浜市在住。雑誌、広告分野で活躍する一方で、東京スカパラダイスオーケストラ、ラヴサイケデリコcaravan等のライブ写真や俳優中村獅童氏のポートレートをライフワークとしている。一昨年まで7年半、バンタンデザイン研究所にて“鬼の写真科講師”として後進を指導。

第2回横浜みなと映画祭公式記録カメラマン。

著書「イギリス×ビートルズ ワンテーマ指さし会話」
海保さん

■聞き手:西 亨(アークシップ理事)

 

西

「写真家にとってボールペンを使う場面はどんな時ですか?」

海保

「現場でポラロイドやフィルムに撮影データを記すときはボールペンを使います」

西

「サインペンではダメなのですか?」

 

海保

「乾きが早いし、細かい文字も書くからボールペンがむいていますね。ノックして直ぐに書けるし、現場では速さが求められますから」

西

「撮影日誌のようなものは書きますか?」

 

海保

「僕は細かい記録はしません。逆に“ネタ帳”は書きます」

 

西

「ネタ帳??」

 

海保

「写真家は常にロケ地やシーンを蓄積しています。たとえば何月何日何時の晴れた日に、この角度からあのビルを見ると壁全体が鏡になるとか、影がゼブラ模様になるとか」

 

西

「風景は日時天候で変化するから」

 

海保

「写真のイメージに対してのシーンの蓄積ですね。だからメモ帳とボールペンはいつも持っています。携帯電話のメモはまどろっこしい」

 

西

「持ち歩いているボールペンを見せて下さい」

 

海保

「ぺんてるエナージェル0.7mm、もう1本はパイロットのドクターグリップ0.7」

 

海保さん常用ペン

 

西

「使い分けますか?また選んだ理由は機能ですか?」

 

海保

「エナージェル(水性ゲルインク)0.7mmの線の太さが好みです。ドクターグリップはこの持った感じのフィット具合が好きで選んでいます。使い分けは…気分、かな」

 

 

西

「他に愛用のボールペンはありませんか?」
海保さんクロス

 

海保

「クロス(アメリカ製)ボールペンは、家置きのペン。書きものや手紙とか」

 

西

「なぜクロス社?ボディも細身ですよね?」

 

海保

「子ども時代に母親がくれたんです。“クロスのペンはええでぇ”(関西弁)。細身だけど重量感が好きです」

 

西

「海保さんなら、ボールペンのエピソードが数々ありそうですね」

 

 

海保

「この使い捨ての安物ボールペン!宝物のひとつです」

 

海保さん墓地ペン

 

西

「(ボディの文字)シアトル・レイクビューセメタリー・アソシエーション?墓地ですか?」

 

海保

「アメリカシアトルまでブルース・リーのお墓の写真を撮りに行った時に、墓地管理事務所にあったボールペン」

 

西

「プレゼントされた?」

 

海保

「いや、隙をみて2本ポケットに入れました。同行の記者が1本、僕が1本。ブルース・リーの記念です。僕的には宝物」

 

 

西

「インタビューの最高のオチに感謝します。本日はありがとうございました。」

 

ボールペン広告

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » ワークショップ » ホワイトキューブワークショップ【ボールペンで幸せになろう!!】プレ企画 シリーズインタビュー#7 海保 竜平さん

PAGE TOP