人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP ホワイトキューブワークショップ【ボールペンで幸せになろう!!】プレ企画 シリーズインタビュー#6 加藤 直裕さん

ホワイトキューブワークショップ【ボールペンで幸せになろう!!】プレ企画 シリーズインタビュー#6 加藤 直裕さん

ボールペンインタビューバナー

 

 

4/24(水)にホワイトキューブにて開催するワークショップ【ボールペンで幸せになろう!】のプレ企画。

このプレ企画の始まりは、打ち合わせにて「やっぱり職種によって使うボールペンは違うのかな?」という素朴な疑問からでした。

ならば、アークシップスタッフが普段関わっている方々にインタビューしちゃおうと始まったのが シリーズインタビュー「デキル人の、ボールペンはこれ。」なのです!!

 

それでは第6回をお楽しみください。

 

*********************************************************************

【プロフィール】 加藤 直裕さん FMヨコハマ編成部長兼ニュース室長。

写真

 

 

■聞き手:アークシップ代表 長谷川 篤司

 

長谷川「昨年のかながわ県民900万人が歌えるありがとうソングコンテストではたいへんお世話になりました!!今日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございます!!ボールペンの話をする前に、そもそも【編成】とはどういうお仕事なのか教えて頂けますか?」

 

加藤「いわゆる【プロデューサー】と呼ばれる立場で、放送している番組の管理監督や番組の企画立案をする担当です。 具体的には、放送している番組のチェック、リスナーに喜んでもらえる為に何が求められているのかを情報収集をし、吸い上げて、電波に乗せて、その内容がリスナーからフィードバックされて来ます」

 

長谷川「なるほど。加藤さんはその編成を司る立場ということですね!!さて、本題ですが、ズバリ今使っているお気に入りのボールペンはりますか?」

 

加藤「アスクルのゲルインキボールペンを愛用してます。書き心地が良いので気に入ってます。ボールペンで許せないのが、良くペン先にインクがたまってしまって束になってしまうペンってあるじゃないですか?あれがダメなんですよね。このペンはそれが少ない!」

 

写真 のコピー 2 長谷川「分かります、分かります。ペン先がたまってそれが小指についてしまう時ってありますもんね。ラジオマンとして良く使うペンはありますか?」

 

加藤「最近はフリクションですね。原稿にチェックを入れたり、書いたりしても消すことが多いので、便利なんです。」

 

長谷川「確かFMヨコハマの番組プレゼントでもフリクションがありましたよね?」 加藤「はい。大人気でした!!」

 

写真 のコピー 3 長谷川「原稿の修正は、フリクションがでる前はシャーペンで書いていたんですか?」

 

加藤「いえ、昔はそれこそ全部手書きで、DJが読む原稿もボールペンで書いて、修正は【ホワイト】で行ってましたね。シャーペンだと色が薄いので、ボールペンでした。今はパソコンで書くのが主流ですけどね」

 

長谷川「原稿以外にペンを使う場面ってあるんですか?」

 

加藤「リスナーから番組宛てに届いたメッセージの添削にペンを使いますね。DJに読んで欲しい部分に丸をつけたり、わかりにくい表現を修正したりします。この時はボールペンではなく、赤や青のサインペンで直してます。」

 

長谷川「なるほど〜〜リアルタイムで番組が進んで行くラジオらしい対応ですね。加藤さん自身の思い出のボールペンはありますか?」

 

加藤「大学を卒業する時に大学の先輩からバレンチノのペンセットをもらいまいした。」

 

長谷川「えっ、先輩が!!」

 

加藤「そうなんです。嬉しかったですね〜それと、以前番組で詩を書いている方とご一緒したのですが、番組終了の時に詩を書けるようにとボールペンをプレゼントしたことがありましたね。」

 

長谷川「贈り物としてのボールペンですね。」

 

加藤「それと、レコード会社の販促物はボールペンが多いんですよ!!」 写真 のコピー

 

加藤「下から桑田佳祐さんのソロ、横浜市のたねまる君、キャッツシアター、いきものがかりの事務所からいただいたものです。森山直太朗さんのペンはおもしろいですよ」

 

写真 のコピー 5

長谷川「うわ〜〜面白い!!販促物だから、変わったデザインや目立つ色使いだったりするんですね」

 

加藤「まだまだあるんですよ」 と、おもむろに引き出しをあけてくださいました 写真 のコピー 4

 

長谷川「すごい!!これ全部頂いたものですか!!どれも印象が残るようなデザインや色使いですね。」

 

長谷川「ところで・・・・これをこのインタビューで聞いていいかどうか・・・加藤さんにはペンを実用的に使う趣味があるそうで・・・」

 

加藤「僕ね、競馬が好きなんですよ!!マークシートを塗りつぶすのに赤ペンを使うんです。何年か前の正月の年始めの競馬で先着でもらえたのですが、JRAの文字が入った赤ペンをこんな感じで使ってますね」

 

 

写真 のコピー 6

長谷川「加藤さんが競馬をやっているのは以外でした〜〜〜トロンボーンも吹かれているし、多趣味ですよね!!」 加藤「高校時代の仲間を中心に6名で月1〜2回練習してます」

 

長谷川「いろんなお話を聞けて楽しかったです。ご協力ありがとうございました!!」

 

 

ボールペン広告

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » ワークショップ » ホワイトキューブワークショップ【ボールペンで幸せになろう!!】プレ企画 シリーズインタビュー#6 加藤 直裕さん

PAGE TOP