ホッチポッチミュージックフェスティバルとは

ホッチポッチ(hotchpotch)=ごちゃまぜ。
観たり・聴いたりする機会の少ない世界中の音楽が集まったら、普段音楽をよく聴く人にもそうでない人にも一緒に楽しんでもらえるはず!!そんな気持ちでスタートし、今年で8回目を迎える音楽祭です!!「演奏ジャンル・国・時代」を越えたごちゃまぜな音楽空間をお楽しみ下さい!!

 

ごちゃまぜってなーに?

音楽イベントの多くはジャズ・クラシック・ロックなどジャンルで分けて開催されることがほとんどですが私たちはジャンルの垣根を外しあえて【ごちゃまぜ】にしています。
また、国籍、世代、様々な価値観・せかい観を持った人たちがごちゃまぜになって楽しんでいるのもこの音楽祭の特徴です!その場にいる人たちが、音楽を通じてハッピーを分かち合います。

 

誰がつくっているイベントなの?

この音楽祭は出演者調整やパンフレットの作成など、イベントの企画制作から当日の運営までを、
NPO法人アークシップのボランティアスタッフが担当しています。
さらには、多文化共生や障害者支援などを行っている市民団体などが様々な形で参加しています。
イベントを成功させようという強い気持ちがこの音楽祭を支えています。

 

どんな音楽に出会える?

日本では耳にする機会の少ない民族音楽や一風変わった楽器の演奏まで、1日でこんなにたくさんの音楽に触れられるのはホッチポッチミュージックフェスティバルだけ!

 

2016年の様子

 

PAGE TOP