このダンボールがつながりをつくる!?

こんにちは。インターン生の北坂です。

 

先日、インターン生の前原がヤマハミュージック 横浜店さんからダンボールを提供していただきました。

このダンボールは、障がい者作業所でパーランクーという打楽器に加工されて、

 

ホッチポッチミュージックフェスティバルのワークショップで使うものになります。

 

ここでは、下の写真のように自分だけのパーランクーを作れたり、

 

ボランティアの高校生によって小さい子にもわかる簡単なパーランクーダンスが教えてもらえるので

 

パーランクーでこの音楽祭に参加できます!!

そして…

 

このワークショップは「ヨコハマプロジェクト」さんという

 

ダウン症の啓蒙活動などを行っている団体が主催しています。

 

このワークショップでは’’ダウン症について’’という

 

新たな知の’’つながり’’を感じられると思います。

 

そうです。

 

このホッチポッチミュージックフェスティバルでは、音楽で人とつながるだけでなく

 

お客さんと新しい知識がつながる!

 

ヤマハさんとこのワークショップもつながる!

 

そんなフェスティバルになっています。

 

音楽でつながる。ダンスでつながる。

 

パーランクー作りに協力してくれたヤマハさん、作業所のみなさん、など

 

その場にいない人たちともつながる。

 

とってもいいなぁと感じます。

 

当日の様子を想像するだけで、みんながつながることを想像するだけで

 

すごい幸せな気持ちになりました。

 

その当日が想像を超えるような当日になるように頑張ります!

 

10月15日に日本大通りを周辺で開催されていて、このワークショップは横浜公園で開催されます。

 

是非見に来てください!!

 

 

Face book、Twitterもやってます!是非いいね、フォローよろしくお願いします!!

Face book: https: //www.facebook.com/HotchPotchMusicFes/
Twitter: https://twitter.com/HotchPotchMusic

PAGE TOP