ホッチポッチミュージックフェスティバルとは

 

「ホッチポッチ」とは「ごちゃまぜ」という意味。
国・世代・性別・障がいの有無などに関わらず、誰もが集える参加型音楽フェス
開港を経て発展したOPENなYOKOHAMAだからできる、みんなのフェスです。
皆さまのお陰で10回目を迎える今年。
例年にも増して、ごちゃまぜな賑わい、ごちゃまぜな感動を楽しんでいたいだく場となりました。

 

ホッチポッチミュージックフェスティバルは、今年で10回目を迎えます!!

2009年の初開催から続く「垣根を作らずごちゃまぜに開催する」というコンセプトは、回を重ねる毎にホッチポッチならではのハッピネスな空間となり深みを増してきました。10回目となる今回は、これまでの集大成として開催しますのでご期待ください!

 

ホッチポッチは「市民が創る音楽祭」です。

ホッチポッチの魅力といえば、なんといっても「市民みんなで創る」参加型音楽フェス♫
「どんなステージだったらみんなで楽しめるだろう」「どんな空間で大切なみんなと過ごしたいだろう」と1年間かけて一生懸命考えながら、みんなで創りあげた音楽フェスです。今年は全6会場でさまざまなジャンルの音楽と、楽器が演奏できるできないに関係なく楽しめるワークショップを開催します。

 

アークシップが運営します!

ホッチポッチミュージックフェスティバルは、認定NPO法人アークシップの市民ボランアティアが出演者の調整、広報活動、資金の調達、そして当日の企画・運営まですべてを自分たちで行っています。10代〜60代までの幅広いメンバーが「お客さんも出演者もスタッフもみんなの笑顔があふれる、最高でハッピーな1日にしよう!」と頑張っています。
 

アークシップとは

『音楽のチカラで人と街をつなぎ、たくさんのハッピーを生み出す』をモットーに活動してる横浜の認定NPO法人です。
http://www.arcship.jp/
 

大学生インターンが大活躍!

ホッチポッチミュージックフェスティバルでは、インターン生として横浜の大学生が大活躍中!第7期生となる”セブンスターズ”は延べ4万人の集客を目指して全力で広報活動に取り組んでいます。
インターンブログ
横浜国立大学1年 亀井 和真
専修大学3年 福嶋 亘
横浜国立大学1年 酒井 友里
協力:
特定非営利活動法人アクションポート横浜

高校生も参加します!

清陵高校軽音楽部1・2年生

市民ボランティアスタッフとして横浜の高校生も参加します。8月からアークシップ事務所に来てイベントのワークショップや、スタンプラリーの企画段階から一緒に話し合いを重ね、当日の運営も自分たちで行います。

クラウドファンディング挑戦中!

昨年はたくさんのご支援をいただき、ありがとうございました。今年もクラウドファンディングを活用し、より広くご支援をいただくことによってみなさんと一緒に創り上げるお祭りにしたいと思っています。「音楽のチカラでつながり、誰もがハッピーになれる音楽祭」にご賛同いただけましたらご支援・ご協力をお願いいたします。
締め切り:9月26日(水)
https://readyfor.jp/projects/hotchpotchtsunagarou2

ホッチポッチ応援金について

ホッチポッチはボランティアみんなの力で生まれるフェスです。ここに、さらにあなたの気持ちが加われば、さらに楽しく、ハッピーなフェスになると信じています。ぜひみなさんの想いでホッチポッチを盛り上げてください!

開催概要

主催 ホッチポッチミュージックフェスティバル実行委員会
共催 横浜市文化観光局
企画 認定NPO法人アークシップ
協賛 株式会社 勝烈庵
横浜環境保全株式会社
神奈川県住宅供給公社
イベントフードプロ 115
J:COM
協力 一般社団法人ヨコハマプロジェクト
NPO法人 永德堂
NPO法人JUNKO Association
NPO法人葉山っ子すくすくパラダイス「MADRE LATINA PROJECT」
Ontenna
神奈川県立横浜清陵高等学校
株式会社ヤマハミュージックジャパン
カワサキストリート音楽団
公益財団法人横浜市国際交流協会
Kosha33
ココカラプロジェクト実行委員会
NPO法人日本スコットランド交流協会
認定NPO法人横浜移動サービス協議会
フェリス女学院大学
みんなあつまれ実行委員会
よこはま国際フェスタ2018
横浜コミュニティサイクルbaybike(ベイバイク)
山岸シュンスケ
山下会

PAGE TOP