MENU

1st STAGE Vol.3 7/16

Vol.3 出場者

傘とキミ。(かさときみ。)

雨の日も、晴れの日もキミの愛しい傘でいたい。
 
をコンセプトに、
ソロとして個々に活動していたメンバーが2016年春に結成したアコースティックユニット。
 
日常の風景を、絵本の様な世界観で表現している。
 
戸塚を中心に、神奈川、東京、群馬などで活動中。

推薦団体:戸塚フリーステージ実行委員会
山本 紗江(やまもと さえ)

アコギ片手に全国年間80本程のライヴ活動を行っている、元気印の京都出身シンガーソングライター。
 
ポップでロックな曲調にどこか切なさとブルージーな歌詞が独特の匂いを創りだす。
 
これまでに4枚の自主制作盤、1枚の流通盤を制作。
 
全世界2000万DLされているゲームアプリ、”Ingress”をこよなく愛し、
ソラトニワ原宿で同ゲームのラジオ番組『Ingress Supernova Station』のパーソナリティを務め、
世界イベントでは公式ニコ生番組のメインMCを担当したり、
“VR”(バーチャルリアリティ)のブログをファミ通Appで連載する等、活動は音楽以外の多岐に渡る。

推薦団体:川崎銀座街
WEBサイト:http://saesae.net/
佐藤 美有(さとう みゆ)

幼少期から歌手になるのが夢だった。高校3年生頃から作曲を開始。
 
大学でフランス語を学び、フランスへ留学。
 
2014年9月より都内・横浜周辺でライブ活動を開始。
 
ストーリー性のある歌詞と、どこか懐かしいキャッチーなメロディを感情的に歌う。
 
2016年8月ファーストシングル「世界三大美女」をリリース。

推薦団体:新横浜ベルズ
テラナノカ(てらなのか)

泣きたい時、
より深く潜り
笑いたい時、
思いきり笑顔になれる、
そんな最小限から最大限に寄り添える音楽を。
 
変わらないのは、
変わり続けるという事。
テラからナノへ
突き抜けるメロディ。
優しくも力強いボーカル、
繊細なバンドサウンドが
メロディーとリンクする
テラナノカの世界がここにある。

推薦団体:ミューザ川崎ゲートプラザ
清花(きよか)

平成生まれ昭和歌謡育ちのうたうたい。
 
ロックと歌謡曲をルーツにした曲が特徴的である。
 
3歳からピアノを、11歳からヴァイオリンを習い始める。15歳の時に、同級生とバンドを結成したことをきっかけにギターを始め、同時期に作詞作曲を始め、オリジナル曲は150曲ほどにのぼる。
 
2015年3月より本格的なライブ活動を始め、現在はギターの弾き語りによるライブを月に3、4本行っている。
 
2017年3月13日に自身初のワンマンライブを開催、同日に自主制作によるミニアルバム「HOME TOWN」を発売。

推薦団体:厚木インディーズ A-I-M
福士 夏乃(ふくし なつの)

青森県出身シンガーソングライター。
 
高校卒業後地元を離れ、箱根でキャディをしていたが、音楽活動を本格的にするために山を降り、2016年3月より本格的に活動開始。
 
2017年2月台湾ライブコンテストシンガーソングライター部門に優勝し、4月の台湾フェス「Spring Scream2017」に招待され演奏。
 
現在都内を中心に活動中。
 
飛び交う津軽弁とまっすぐな歌詞に注目の、今後に期待ができるシンガーソングライター。

推薦団体:小田原城ミュージックストリート
Ryo Yoshinaga(りょう よしなが)

1989年7月12日生まれ、蟹座、AB型
 
歌うことと甘いものが好き。
 
嬉しいこと、悲しいとき、何もしたくない日…。
 
どんな感情のときだって、
ふっと聴きたくなるような歌を。
 
というコンセプトでピアノ弾き語りスタイルを中心に活動している。
 
伸びやかでどこまでも真っ直ぐな高音が特徴。

推薦団体:真昼の月 夜の太陽

PAGE TOP