人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP

【私たちが出演者をご紹介していきます!】象の鼻パーク編*2

こんにちは!
第4期インターン生の岡野です!
 
ホッチポッチミュージックフェスティバルでは、
毎年各国のアーティストに演奏してもらっております。
そんな多彩なアーティストを一人一人、
私たちが、紹介していきます!
 
**************************************************************************************
 
13:40〜
【Banda Grassol】
こんにちは!象の鼻パーク会場を担当する川脇です!
私がご紹介するのは3組目に出演される【Banda Grassol】です。
 
サンバとレゲエを融合させた「サンバヘギ」を演奏する、女性だけのパーカッショングループ。
Girassol(ひまわり)のような明るい笑顔と、太鼓スルドを中心に様々な楽器を使った迫力のパーカッション。
そこにしなやかなダンスをMixしたパフォーマンスはブラジルのコラソン(魂)を宿した彼女達にしか出来ない演奏。
このパフォーマンスにあなたの体も踊り出す!
 
<ホームページ>
http://www.banda-girassol.com/profile.html
<youtube >

 
 
14:30〜
【the Surfside Stomp】
こんにちは!象の鼻パーク会場を担当する小山です!
私がご紹介するのは4組目に出演される【the Surfside Stomp】です。
 
昨年も象の鼻パーク会場で演奏してくださいました!
ディキシーランドジャズを演奏されるバンドで、海をバックにしたステージがぴったり!
主に慶応義塾大学ディキシーランド・ジャズ・クラブのOBから結成されているバンドということで息のあったステージを見せてくれるのではないでしょうか・・・
 
普段は堅気のサラリーマンという皆さんですが、カンカン帽・蝶ネクタイ・吊りズボンという雰囲気ある衣装とゴキゲンなサウンドで皆さんをワクワクさせてくれるはずです♪
 
<ホームページ>
http://www001.upp.so-net.ne.jp/stomp/
<youtube >
KK141101-02 Over the Waves「波濤を越えて」 – the Surfside Stomp
 
***********************************************************************************
【ホッチポッチミュージックフェスティバルとは・・・】
その昔、日本大通りはいろいろな文化が交ざりあったメインストリートでした。
今年も、その日本大通りでホッチポッチミュージックフェスティバルをおこないます。
 
ホッチポッチとは”ごちゃまぜ”という意味。
ジャンルや年齢、国籍、ハンディキャップも越えて、
演奏者も観衆もごちゃまぜになって楽しめる、
そんなにぎやかな音楽祭です。
だれもがハッピーになれる音楽ストリートを一緒に創りましょう。
 
日時:2015年10月18日(日) 12時~17時
場所:関内駅南口会場、横浜公園①会場(遊具広場)、横浜公園②会場(ブラントン像前)、
   横浜地方裁判所前会場、神奈川県庁前会場、象の鼻パーク①会場(開港の丘)、
   象の鼻パーク②会場(開港波止場)大さん橋会場、アメリカ山公園会場、
   横浜7th AVENUE会場、横浜赤レンガ倉庫1号館会場、横浜駅東口はまテラス会場
************************************************************************************


  • ホッチポッチ2015【会場紹介】
  • ホッチポッチ2015【アーティスト訪問記】
  • ホッチポッチ2015【世界の料理を食べた~い!!】
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル2014
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル2013
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル facebook
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル Twitter
  • ベイバイク
  • シクロポリタンジャパン

PAGE TOP