人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP

【アーティスト訪問記】〜ライアーの演奏者「みやたよしたけ」さん編〜

************************************************************************
気になる出演者の方を訪問して、
あわよくば体験させてもらっちゃおうというこの企画。
見たことのない楽器、聞いたことのない音楽、面白そう!など、
スタッフが気になった出演者さんに、会いに行っちゃいました!
新しい発見がいっぱいです♪
************************************************************************

 
こんにちは!アークシップスタッフの八木です!

 

10月19日(日)日本大通りを中心に開催されるホッチポッチミュージックフェスティバル!
今年は全11会場、80組の世界各国の様々な楽器や曲の演奏・ダンスが楽しめます。
私は昨年同様市庁舎1階会場を担当する事になりました。
「体に優しい音楽と舞踊の広場」と題して、
ゆったりとした音の響きを味わったり、世界のダンスを体験できたりしますよ!
 
8/31(日)に中華街にある中国茶房 悠香房さんで行われた、
市庁舎1階会場に出演してくださる”みやたよしたけ”さんのライブに優子さんと仲倉さんとお邪魔して、
ライブ前にお時間をいただきインタビューさせていただくことが出来ました。
 
shicho_04
 

初めてみやたさんにお会いしたのは、1か月前のホッチポッチ出演者交流会の会場で、
会場にいらしたみやたさんを席までご案内したのが私だったのですが、線の細い柔らかいおもむき、そして優しい笑顔、
わずかな会話でしたが人柄を感じさせる表情に一目でノックアウト!
そして手には見慣れない形のものを持っていました。それが、みやたさんの演奏するライアーでした。
インタビューの間もずっとライアーを手にし、時折奏でられるその優しい音色にライブが楽しみになってきました。
 
IMG_20140831_181615

 
ライアーとは、
「ドイツのシュタイナー教育から生まれた教育楽器で、80年もの歴史のある楽器です。
しかし日本では演奏者も少なく、初めて耳にする人も多いはず、
2008年「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で木村弓さんが演奏したことで知られた楽器です。」
と紹介してくれたみやたさん自身も、長年バンドでベースを弾いていて、一人で出来る楽器を探していた時に
「いつも何度でも」を聞いてライアーに出会い、
その音色に惹かれ演奏するようになったのがきっかけなんだと話してくれました。
 
IMG_20140831_212438

 
楽器店でも見たことが無い、演奏者も少ない、そんな中で大変な思いもしたそうですが、
ライアーの音色は泣ける音「どうやったら泣かせることが出来るんだろう」と考えたりもしたそうで、
得意な即興演奏には、みやたさんのそんな思いも込められているのだと感じました。
「ライアーの音色はささやかな音で、シンプルな音だけにそれ以上の楽しみがある!」
ライアーには、いくつか種類のあるようですが、みやたさんの持っているのは、41本の弦があり、
弦の数だけ音が出て響いていく、そんな音に耳を澄ませて聞いて欲しいと、
即興では、その時の気持ちがそのまま音になるので、二度と同じ音楽は出来ない、その時だけの音が楽しめると語ってくれました。
市庁舎での演奏でも、その時だけの大切な音で即興演奏を楽しませてくれますよ。
 
IMG_20140831_191340

 
耳を澄ませて聞いて欲しいライアーですが、ささやかな音だけに邪魔にならないので、
朗読などのバックで演奏したり、作業をしながら聞くのもおすすめなんですよ!と教えてくれました。
ライブ会場の休憩時間にもゆったりと流れていました。
 
IMG_20140831_190250
 
IMG_20140831_195013
 

 
【ライアーを体験させていただきましたー】
2色の違う弦で、「ここがド」と教えて頂き、ドレミファソラシド♪となでるように弾いていきます。
 
IMG_20140831_183402

 
優子さん、なかなか上手に出来ていましたよ!私も当日体験させてもらいたいなと思いました。
最後は、みんなで記念撮影をしました。
 
IMG_20140831_184114

 
ライブ前の忙しい時間、30分近くインタビューさせていただきましたが、
終始優しい笑顔で対応していただき、その後1時間のライブに癒され既にみやたさんにゾッコンです。
ライブ後も最後まで残り、お店のマスターを交えて音楽雑談に花が咲いてしまいました。
 
その時に教えてくれたみやたさんの今日の出来事
ライブ会場に向かう電車の中でおなじ形の箱を持つおばあさまに出会ったそうです。
お互いに目を合わせて意気投合!
音楽療法をやってて、20年以上も前からライアーを弾いている大先輩のおばあさまとしばしお話をしたそうです。
ライアー演奏者でないとわからないこの箱の正体。
マスターも不思議に思い声をかけたことで、悠香房さんでのライブが定期的に開催されるようになったそうです。
”中国茶とドイツの楽器”なんともミスマッチのように感じますが、これがなかなかいい感じ!
ライアーの響きと中国茶と飲茶のおいしさに、身も心もたっぷり癒されるいい時間を過ごすことが出来ました。
これぞまさしく”ごちゃまぜ”ってことですかね。
ホッチポッチでの演奏も、とても楽しみです。
 
 
《出演情報》
13:45 みやたよしたけ【ライアー】 横浜市庁舎1F会場
14:05 【ライアーに触れられるワークショップ】
 
横浜市庁舎1F会場の詳細はこちら!
 
 


ARCSHIPトップページ » ホッチポッチミュージックフェスティバル » 【アーティスト訪問記】〜ライアーの演奏者「みやたよしたけ」さん編〜

【ステージの移動はこの2つで!】

  • ベイバイク
  • シクロポリタンジャパン
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル facebook