人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP

【会場スタッフが出演者の魅力をご紹介!】横浜市庁舎1F会場#2

 

***************************************************
ホッチポッチミュージックフェスティバル2014では
80組ものアーティストが世界各国の演奏・ダンスを披露します♪
そんな多彩なアーティストのみなさんを、ひと組ずつ
当日会場を担当するスタッフが紹介していきます!
***************************************************
 
横浜市庁舎会場は6組の出演ですが、2組ずつご紹介します♪
今回は3、4組目のアーティストをご紹介!
 
 
13:15
白謡会【能楽】

 
shicho_03
 
アークシップメンバーの和田です。
40年以上も続く能楽・観世流の同好会「白謡会」をご紹介します。
 
横浜市旭区を拠点に謡曲・仕舞・舞囃子のお稽古をされ、
横浜能楽堂本舞台や全国の由緒ある能楽堂で発表会を開いているそうです。
メンバーは60人にも上り、能楽を長年にわたり研鑽した人や著名な能楽師の指導を受けている人、
また定年後の愉しみに始めた人など、さまざま。
 
お稽古や発表会のほかにも、年6回の研究会、謡にゆかりの史跡めぐりや
季節に応じた謡会など、能楽を幅広く楽しんでいらっしゃいます。
 
ところで「能楽」「謡」「仕舞」と聞いても、あまりなじみのない方もいらっしゃるかもしれませんね。
では、少しだけ予備知識的なご案内を。
 
「能」では役に応じた装束・面をつけて演じますが、「仕舞(しまい)」はそうしたものは用いず、
能の一部を紋服・袴のまま、素で舞います。
仕舞の基本は「すり足」。
足裏を舞台面につけてかかとを上げずに滑るように移動する、独特な歩き方です。
 
また「謡(うたい)」は能の声楽部分のことです。
「登場人物のせりふとしての謡」「地謡(じうたい)によって謡われるもの」を合わせて、「謡」といいます。
独特な発声と節回し、和歌や漢詩を引用した詞などが魅力です。
世界無形遺産でもある日本伝統芸能の粋「能楽」が、
「難しく、敷居の高いもの」と感じられてしまっているとしたら、残念です。
今回のホッチポッチのように、フリーライブのような身近さで
「能楽」に触れていただく機会はあまりありません。
ぜひ、間近でゆっくりとご鑑賞いただき、幽玄の世界を感じていただけたらと思います。
 
HP
 

 

13:45
みやたよしたけ【ライアー】

 
shicho_04
 
こんにちは。八木です。
ドイツ発祥のシュタイナー教育より生まれた竪琴「Leier(ライアー)」の奏者をご紹介します。
空からふわっとおりてくるような、やわらかい音のするライアーを奏でて下さる「みやたよしたけ」さんは、
ご自身もライアーの音色のような優しい、ふんわりとした表情の持ち主です。
 
みやたさんは長年バンドで BASSを弾いていましたが、
2008年、映画「千と千尋の神隠し」の「いつも何度でも」を聴き、
ライアーの音色の美しさに魅せられてしまい、 三野友子さんにその奏法を学びました。
今では自らのライアーの音をそれまでの音楽経験と融合させ、
さまざまな楽曲を独自のスタイルで弾いておられます。
 
またソロ演奏だけでなく、他の楽器との共演、朗読や講演との共演、
さらには空間音楽としての演奏など、多岐にわたる形で演奏活動を行っています。
 
みやたさんは
「ライアーの音はとてもささやかな音色なので、耳を傾けないと聞こえてこないのですが、
この耳を傾けることが、”音”に関する感じかたを高めてくれる。」
と 語っています。
その言葉通り、特に即興演奏では、自然やいのちとの共鳴を感じる繊細な音を聴かせて下さり、
見るもの、聞くものすべてに癒される空間を味わえる音楽を奏でてくださいます。
 
今回の演奏は室内なので、じっくり、ゆったりとライアーの音色を楽しむことが出来ること間違いなしです。
そして演奏後にはワークショップも開催しますので、ライアーに触れることの出来るチャンスです。
 
みやたよしたけさんには、アークシップメンバー何人かで楽器をさせてもらいました!
色んなお話が聞けましたよ♪
その様子をレポートしていますので、そちらもご覧ください。
【アーティスト訪問記】
 
ステキな笑顔とライアーの優しい音色にぜひ癒されて下さい。
14:05~14:20 ライアーに触れられるワークショップも開催します。
 
HP
 

 
横浜市庁舎1F会場へのアクセスはこちら!
 
 
******************************************************************

【ホッチポッチミュージックフェスティバルとは・・・】

その昔、日本大通りはいろいろな文化が交ざりあったメインストリートでした。
今年も、その日本大通りでホッチポッチミュージックフェスティバルをおこないます。

ホッチポッチとは”ごちゃまぜ”という意味。
ジャンルや年齢、国籍、ハンディキャップも越えて、
演奏者も観衆もごちゃまぜになって楽しめる、
そんなにぎやかな音楽祭です。

だれもがハッピーになれる音楽ストリートを一緒に創りましょう。

日時:2014年10月19日(日) 10:50~18:00
場所:日本大通り周辺11会場

******************************************************************

 

 


ARCSHIPトップページ » ホッチポッチミュージックフェスティバル » 【会場スタッフが出演者の魅力をご紹介!】横浜市庁舎1F会場#2

【ステージの移動はこの2つで!】

  • ベイバイク
  • シクロポリタンジャパン
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル facebook