人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP

【会場スタッフが出演者の魅力をご紹介!】神奈川県庁前会場#1

 

***************************************************
ホッチポッチミュージックフェスティバル2014では
80組ものアーティストが世界各国の演奏・ダンスを披露します♪
そんな多彩なアーティストのみなさんを、ひと組ずつ
当日会場を担当するスタッフが紹介していきます!
***************************************************
 

こんにちは!!神奈川県庁前会場を担当する中村です!
 
県庁会場は、なんといっても思い出JPOPのカバーバンドが大集合するところが見所。

J-POPの大御所たちをこよなく愛しリスペクトするバンドが一同に会し、みんなが知っている名曲を演奏します!!

ではではさっそく夢の競演のラインナップを紹介しちゃいます。
 
 
11:55
美’酒(B’z)
 
kencho_07
 
B’z県庁会場1組目、スタートを盛り上げてくれるのは、B’zのカバーバンド、美’酒。
B’zは、松本 孝弘さん、稲葉 浩志さんの2人で構成されるユニット。
1990年代にはミリオンセラーを連発し、シングル連続初登場首位獲得数や、アーティスト・トータルセールスを始め
日本音楽界で数々の記録を樹立した、日本が誇るロックユニットです。
「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」「ultra soul」など、代表的な曲は多すぎて上げきれないですね!!
 
そんなB’zをカバーするのが美’酒!
完成度の高い演奏とボーカルで県庁会場を盛り上げてくれること間違いなし!!

 
美’酒のパフォーマンスはこちら
YouTube
 
 
 
12:40 
Y(寄り集まって)M(ミニ鍵盤いぢる)O(おぢさん達)=偽YMO(イエローマジックオーケストラ)
 
kencho_04
 
2組目はイエローマジックオーケストラのカバーバンド、偽YMO。
イエローマジックオーケストラは、細野 晴臣さん・高橋 幸宏さん・坂本 龍一さんの3人によって、1978年に結成された音楽ユニット。
略称は「YMO(ワイエムオー)」で、シンセサイザー等の電子楽器を活用し、日本における「テクノポップ」と呼ばれる
ジャンルを確立したユニットです。
 
そんなテクノの大御所YMOの楽曲を、なんとおもちゃサイズのキーボードで演奏してしまうのが、
細野 晴飲みさん、高橋 ユビヒロさん、酒本 龍一さんの3人によって結成された、
Y(寄り集まって)M(ミニ鍵盤いぢる)O(おぢさん達)=偽YMO。
 
おもちゃサイズのキーボードをこよなく愛するnice-agedサラリーマン3人が、2009年夏「YMOを本当に3人だけで生演奏したらどうなるか?
 しかもミニ鍵盤で」、そんな小さな疑問を全力で解消すべく立ち上がりました。
 
「ドラムも鍵盤、小さな筐体から繰り出すグルーブは「社員旅行の宴会芸」に新たな地平を拓きます。
打ち合わせは会社帰りの立ち飲み酒場、練習は飲み放題付きカラオケボックス。徹頭徹尾サラリーマンの
アフター5を貫きながら、ミニ鍵盤の発展と普及を目指します!」(偽YMOHP抜粋)
 
偽YMOのパフォーマンスはこちら
YouTube
 
偽YMOのホームページはこちら
HP
 
 

 
******************************************************************
 
【ホッチポッチミュージックフェスティバルとは・・・】
 
その昔、日本大通りはいろいろな文化が交ざりあったメインストリートでした。
今年も、その日本大通りでホッチポッチミュージックフェスティバルをおこないます。
 
ホッチポッチとは”ごちゃまぜ”という意味。
ジャンルや年齢、国籍、ハンディキャップも越えて、
演奏者も観衆もごちゃまぜになって楽しめる、
そんなにぎやかな音楽祭です。
 
だれもがハッピーになれる音楽ストリートを一緒に創りましょう。
 
日時:2014年10月19日(日) 10:50~18:00
場所:日本大通り周辺11会場
 
******************************************************************
 
 


ARCSHIPトップページ » ホッチポッチミュージックフェスティバル » 【会場スタッフが出演者の魅力をご紹介!】神奈川県庁前会場#1

【ステージの移動はこの2つで!】

  • ベイバイク
  • シクロポリタンジャパン
  • ホッチポッチミュージックフェスティバル facebook