人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP カナガワミュージックサミット2014主催者事前インタビュー#3<小田原市>小田原城ミュージックストリート

カナガワミュージックサミット2014主催者事前インタビュー#3<小田原市>小田原城ミュージックストリート


kms2014_380_60

 

みなさん、こんにちは。ブログ編集長のまっしゅです。
9月に入り少しづつ涼しくなってきましたね★
さて今回も主催者インタビューをお送りしていきます!!

 

【カナガワミュージックサミット2014】

logo_2

 

【カナガワミュージックサミット2014】とは、

 

神奈川県内で育まれた音楽をもっと皆さんに知っていただく機会を作ろうと、
横浜、川崎、県央、横須賀三浦、西湘地区など県内各地で盛り上がっている、
それぞれの地の音楽ムーブメントを集結して、
皆さんに発信していきたいと考え開催する音楽の祭典です。

 

第8回を迎える今回も、今年度に開催された各種コンテスト
イベントのグランプリアーティストをはじめ、
個性溢れる才能が一堂に会します。

 

そして、このイベントをより楽しんで頂きたく
事前にイベントの主催者・出演者のことをよく知ってもらいたいという想いを込めて
インタビューを行っております。

第7回目の今回は≪小田原城ミュージックストリートから【飯山 淳二】さんです。

それではよろしくお願いします。

 

***********************

 

 

1,まずは自己紹介をお願いします。

 

はい、1年のご無沙汰です。小田原の飯山淳二です。自己紹介ですね、はい。わかりました。
私は兄弟・従兄弟と男ばかりの中で、さらに男子校で育ちましたが、
何の因果か現在私の部下は全員女性です。まわりを見渡せば男8割の職場なのに、
私の係だけ懇親会をやれば女10人に男1人なんてことになります。うらやましがっていただけたら幸いです。
あ、こういうことを聞かれているわけじゃないですね。
主な仕事は国際交流です。私以外、みんな英語をしゃべっていますが、
私はこの7年間、人事異動もなく、ライトミュージック系の仕事に孤軍奮闘しております。孤軍奮闘っちゅうか、放し飼いっちゅうか。

 

 

2,「小田原城ミュージックストリート」とはどのようなイベントですか?

 

odawara

 

街中をステージにして、演奏している若者に道行くおじちゃんが
「その曲は、もっとブルージーにやったほうがいいべ」みたいなことをサラッと言っちゃう街を目指しているイベントです。
小田原駅から小田原城址公園の道すがら、無理やりたくさんのステージを作って、わ〜!っと盛り上がっちゃうわけです。
街の中で爆音は迷惑をかけちゃうこともあるので、そういうのは小田原市民会館でドッカ~ン!と弾けちゃう日もあったりするわけです。
要は音楽のおまつりです。
おいしいものが食べられるホントのおまつりもやっているので、楽しくないわけないじゃーんってことになっちゃうわけです。

 

 

3,今年度の開催内容が決まっていれば教えて下さい。

 

まず、アコースティック系の演奏が主となって、街中で演奏する「ストリートの部」は10月12日。
そして、ロック系のバンドを集めて小田原市民会館大ホールを使う「ロックの部」は12月7日。
2日間に分けて開催します。演奏者の合計数は約100組。
来ていただければわかりますが、街のそこかしこから生演奏が鳴り響いています。
聞いてるだけじゃ我慢できない人のために、飛び込み参加オッケーのフリーステージもありますので、楽器片手に遊びにきてもいいんですよ。

 

 

4,今回の「カナガワミュージックサミット2014」に「TOPLESS」さんが出演されますが
どのようなアーティストですか?

 

odawara

 

気になったら「TOPLESS」で、ググってください!豊満なオッ◯イがたくさん並んでるページばっかり出てきますが、それに惑わされないでミュージシャンの「TOPLESS」を探し出し、そのパフォーマンスを見てください。すばらしいです。
昨年の「ロードオブアリーナ」、あ、このイベントのことは後で話しますが、その会場投票でトップをとったユニットです。自分たちが一番になるとは思わないで、会場投票の結果発表をメインステージで行っている時、サブステージの後片付けを手伝ってくれていたという、なんとも素晴らしい人柄の持ち主のお二人でもあります。

 

 

5,今年は「ロードオブアリーナ2015」の予選も順調に進んでいるようですね?
昨年よりも更に規模が大きくなっているように見えますが、改めてイベント内容の説明をお願い出来ますか?

 

ロードオブアリーナのことを聞いて頂いてありがとうございます!これは、約半年かけてライブ予選を実施し、
そこで勝ち残った人たちだけが小田原アリーナという、そりゃもうデッカイ会場のステージに立てるという今回で3回目のできたばかりのイベントです。
小田原城ミュージックストリートから派生したイベントで、年々盛り上がっています。
ノージャンルのライブ予選ですから、バンドだけではなく、見ていて楽しいパフォーマンスをしてくれる出演者ばかりです。
1月17日(土)が、本大会。現在、絶賛予選ライブ開催中です!予選ライブもすっごい楽しいんですよ。
http://www.shareido.com/roa/2015/index.html

 

 

6,小田原で開催しているイベントは、地域の皆さんの連携が強いと感じます。イベント運営にはどのような方々が関わっているのですか? 

 

小田原市と実行委員会が主催していますが、実際に企画から運営までやっているのは、
ボランティアスタッフです。私は市の職員でありますが、仕事と思ってやってない感じですね。
みんなとワイワイ楽しみながらやっています。演奏する人を楽しませるには、
裏方だって楽しまなくちゃダメですよね!これは、こういうイベントをやっている人、
みんな思ってるんじゃないでしょうか。みーんなで作って、みーんなで楽しめばいいんですよ!
だってね、きっとそれが世界平和にもつながるんですよ!
LOVE&PEACEですよ!Give Peace A Chanceですよ!!わかりますよね!Yeahって言え〜!わーっ!!

 

 

7,最後に、「カナガワミュージックサミット2014」に向けて一言お願いします。

 

すみません。勝手に盛り上がって、ちょっと取り乱してしまいました。
今回は初めての会場で、また楽しみです。県庁の前でおっきな音出して怒られないんですかね。
ここでまたたくさんの人と出会いたいと思っています。
では、最後に大切な一言でインタビューをしめたいと思います。
「雨、降るなぁ〜〜!!」

 

 

***********************

 

ありがとうございました!!
裏方だって楽しまなくちゃダメですよねの言葉にうんうんと頷きながらインタビューをアップしていました。笑。
またインタビューブログをお届けしますので、お楽しみにね★

 

mainimage2014_03

 

 

 

 


トップページ » アークシップ通信 カナガワミュージックサミット2014 トピックス » カナガワミュージックサミット2014主催者事前インタビュー#3<小田原市>小田原城ミュージックストリート

PAGE TOP