» 【インタビュー】カナガワミュージックサミット2012主催者事前インタビュー#5≪つづきミュージックビート≫

 » 【インタビュー】カナガワミュージックサミット2012主催者事前インタビュー#5≪つづきミュージックビート≫

【インタビュー】カナガワミュージックサミット2012主催者事前インタビュー#5≪つづきミュージックビート≫

みなさん、こんにちは~。ブログ編集長のまっしゅです。
今日も「カナガワミュージックサミット2012@9月16日(日)象の鼻パーク」
みなさんによりよく知って頂くために、主催者・出演者の方に事前インタビューを行って参りました。

このイベントは、今年度に開催された神奈川県内の各種コンテストイベントのグランプリアーティストをはじめ、
個性溢れる才能が一堂に会するのです。
なので、事前にイベントの主催者・出演者のことをよく知ってもらいたいという想いを込めてインタビューを行っております。

5回目の今日は≪つづきミュージックビート≫の谷さんです。
それでは谷さん、よろしくお願いします。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

まっしゅ:1,まずは自己紹介をお願いします。

 

谷さん:つづきミュージックビート実行委員会の事務局の谷 敏行と申します。普段は会社員のサラリーマンです。

北海道の出身で横浜に移り住んで15年目になります。大昔の学生時代のバンドが忘れられず、下手ながら3年前から「親父バンド」を始めております。

「横浜ロックサークル」に所属し地元の横浜でハードロックのライブを行ったり、都内では歌謡曲バンドで楽しんでいるかたわら、

若者達との交流を求め、つづきミュージックビートへ2年前から参加しております。
 
 
 
まっしゅ;2,「つづきミュージックビート」とはどんなイベントですか?
 
谷さん:都筑区を中心とした青少年のためのバンド&ダンスのコンテスト「つづきミュージック・ビート」。今年で8回目を迎えますが、都筑区に親しむ若者たちの世代を超えた交流、友達作りを目指しています。また、自分たちのイベントを自らの手で作 り上げる経験を通して、都筑区における若者たちの文化や地域の文化的環境づくりに寄与したく、開催しています。
 
★都筑区を中心とした青少年の為の音楽イベントに新たにヒップホップ系のダンスを加えたコンテスト形式のフェスティバル、その名も「つづきミュージックビート」です。音楽、ダンスを通じて世代間を越えた交流、友達創りを目的としてます。「都筑区っていい街、住んで良かった」「仲間が沢山いる街」と想える街創りに寄与して行きたいと思ってます。
 
★イベントのスタッフ、実行委員も幅広く中学生から大人まで募集しており、どんな事でも関わる事の大切さと楽しさと友情の芽を育んでいきたいと思ってます。
 
★出演者は都筑区で活動している若者(在住・在学・活動)で中学生から大学生まで広げ青少年のパワーと感性を大人も一緒になって感じ、共有できます。
 
★審査員を儲け、グランプリ賞、審査員特別賞、オーデュエンス賞を設け、NO1からオンリー・ワンを目指し自己表現、自己アプローチを出し切るフェスティバルにしていきます。


 
 
 
まっしゅ:3,今年度の開催内容が決まっていれば教えて下さい。
 
谷さん:■2012年11月18日(日曜日)都筑公会堂にて、12:30開演予定
 
■都筑区の青少年のための音楽イベントの開催することにより、青少年の健全育成と都筑区のふるさとづくりに、貢献することを目的として実施いたします。
 
■J-POP、ロックのBand部門(10組)・HIPHOP系のDance部門(10組)の競演
 
■各部門に、グランプリ賞、オーデュエンス賞、審査員特別賞を設け自己表現を競ういあいます。只、技量やテクニックの拘るのではなく観客、見る、聞く立場になって評価できれば良いと考えてます。
 
■Bandのジャンルはアコースティックからハードロックまで、そしてコピー楽曲からオリジナル曲。最近はオリジナル楽曲が増えており楽しみです。
 
■最近の傾向として、女性中心のバンドが目立ちますね・・男の子達も負けてはいらてません・・
 

 
 
 
まっしゅ:4,今回のカナガワミュージックサミット2012には「つづきミュージックビート」からは「Cotton Candy」さんが出演されますがどのようなアーティストですか?
 
谷さん:☆「Cotton Candy」は昨年の『第7回つづきミュージックビート』にてBand部門のグランプリ賞に輝いたフォーク・デュエットです。
 
生ギター一本で二人のハーモニーで美しく、透き通った歌声が素敵です。☆『みんなの心に届くように歌いたい』が彼女達の原動力でありポリシー・・横浜の高校に通う女子高生の二人組みです・・じっくり聞いてください。。


 
 
 
まっしゅ:5,都筑区では「ロックサークル」もあったり、市民活動もとても盛んですよね?これは都筑区が新しい街という背景があるからでしょうか?その他都筑の街の様子などについて教えて下さい。
 
谷さん:神奈川県で、横浜市の中で一番若い38歳と「平均年齢層」都筑区です。
まだまだ出来て新しい区で、市民活動もこれからですが、世代を超えた「街創り」を目指し若さを大切にした音楽で地域を盛り上げていきたいと考えてます。
Bandはもとより最近の若者から幼児までDanceがムーブメントになっている昨今です、都筑区内にはダンススクール等も盛んで神奈川~全国に発信できるような地域を目財してます。
『横浜ロックサークル』は都筑区誕生以前から活動しており、今年で20周年を迎えます。
「音楽で街を明るく、活力あるコミュニケーションを図りたい」と言う意図で活動し、夏のポップフェスティバル、冬のクリスマスライブを定期化し、区内の各種区民文化祭、区民祭りのサポート、出演、地域の美化活動(清掃)にも携わっております。都筑区は若い子連れのYaungママが多い街です・・・・
 
 
 
まっしゅ:6,話はがらりと変わりますが、最近谷さんが良く聞く音楽を教えて下さい!! 
 
谷さん:★もともと若い頃(70~80年代)のROCKで育ちました。30数年ぶりにギターを弾き始め当時の懐かしいロックから~ブルーハーツまで守備範囲は広いですね。
 
★一報、歌謡曲バンドでこれも(70年~80年代中心)も大好きですね・・・最近はsantanaの新譜を買いました・・・特にブルーハーツは若い人たちとの接点?話題に充分入っていけますね・・(最近CMで流れてます・・)
 
★この歳になってmixiを始めましたが音楽の話題で結構、同世代の知り合いが増えました・・
 
 
 
まっしゅ:7,地元でお奨めスポットや郷土料理などを教えてください!! 
 
谷さん:■お勧めはやはり「スキップ広場」定期的に各種イベントやコンサートが野外で行われている(勿論、無料で)
 
■健康と自然では「みなきたWolk」や「都筑区 緑道散歩 中川~センター南」などがお勧め
 
■横浜で一番農家の多い区でもあり、緑と自然が豊かな街です。
 
 
 
まっしゅ:8,最後に、カナガワミュージックサミット2012に向けて一言お願いします。
 
谷さん:★噂通りの素晴らしいNPO法人音楽団体アークシップ・・この縁で出会えたことに感謝致します。
★これからも是非とも、仲間入りさせて頂きたいですね
★区、市、県を越えた繋がりに、このKMSの発展を期待いたします・・
 
まっしゅ:谷さんありがとうございました!!
まだ主催者インタビューの途中ではありますが、明日からは出演者インタビューも掲載していきます!!お楽しみに~☆

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

ARCSHIPトップページ » カナガワミュージックサミット » KMSトピックス » 【インタビュー】カナガワミュージックサミット2012主催者事前インタビュー#5≪つづきミュージックビート≫

 » 【インタビュー】カナガワミュージックサミット2012主催者事前インタビュー#5≪つづきミュージックビート≫ HOME
Copylight (c) ARCSHIP All right reserved.