人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【レポート】横浜セントラルタウンフェスティバル“Y153”ステージイベント 6月3日(その2)

【レポート】横浜セントラルタウンフェスティバル“Y153”ステージイベント 6月3日(その2)

みなさん、こんにちは!!
事務局の五十嵐です。
 
 
前回に引き続き

横浜セントラルタウン“Y153”ステージイベント

6月3日の模様をお伝えします。
 
 
ところで会場となった山下公園には特設ステージ以外にも
色々な催しがありましたよ。
 
 
まずは定番の飲食店ブース。

 

我々スタッフもお昼になにを食べようか

目移りしちゃいました。

 

 

それから、今横浜の中心部でよく見かける

横浜コミュニテイサイクル「baybike(ベイバイク)」のコーナー。

 
 
そんな中、音楽ステージ6月3日も後半線です。

 
 
ママドゥ・ドゥンビア


 
コラという伝統楽器を使い西アフリカの民族音楽を奏でてくれました。

心地よい調べが山下公園に広がりました。
 
 
じゃ〜んずΩ


 
ヒューマンビートボックスも入ったアカペラグループ。

おそろいのステージ衣装が決まってましたね!!

 
 

style-3!

 
こちらもアークシップのイベントではお馴染み。

今回も新しいファンが増えたのでは?
 
 
そして、この日のメインコンサート

泰地虔郎とYOKOHAMA Port Beats の皆さんです。

約90分に渡り、JAZZのスタンダードナンバーを中心に

貫禄のステージを見せて頂きました。

 
 

以上で、2日間 分を4回に渡ってお送りしたライブレポは終了です。
 
 
如何でしたか?
来年は「Y154」です。
 
 
また山下公園でお会いしましょう!!
 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » イベントレポート » 【レポート】横浜セントラルタウンフェスティバル“Y153”ステージイベント 6月3日(その2)

PAGE TOP