人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【レポート】ヨコハマアコースティックフェスティバル2012

【レポート】ヨコハマアコースティックフェスティバル2012

みなさんこんにちは!!ブログ編集長のまっしゅです。

先週末、14日(日)に象の鼻パークで開催されました、「ヨコハマアコースティックフェスティバル2012」の

ライブレポートをお送りします!!

 

当日は朝からどんよりとした曇り空。

空が泣き出さないかと心配しておりましたが、強気でレインスーツを持っていかずに(笑)、6時半に現地入りしました。

 

スタッフは7時に集合し、早速テント立てを開始!!

横浜市立桜丘高等学校SBC部のみんなと一緒に協力しあい、テントを立てて会場を設営していきます。

 

やっぱり若いって素晴らしいですね~着々と準備は進んでいきました!!

その間に、出演者の方が続々と入ってきましたよ。

 

天気は相変わらずの曇り空でしたが、何とか雨は降らずに11時にスタートしました。

 

スペシャルナビゲーターDJ光邦さん。

素敵な声で会場を盛り上げてくれます。

当たり前ですが、ラジオと同じ声でした~(笑)

 

 

最初は出演者全員でセッション。

「笑顔のまんま」を演奏して頂きました!!

 

 

 

 

 

そしてトップの「ひなた」さん。

 

2人組のアコースティックユニットです。

雨雲を吹き飛ばすぐらいのパワー溢れる演奏でした!!

 

 

2組目は「AJI」さん

初のアコフェスVocal Groupの参戦です。

私はプレイベントで初めて見たのですが、今日も素敵なハーモニーを響かせておりました。

 

 

 

 

 

3組目は「TAKUMA」さん。

 

アコフェスは3年連続の出演です。

堂々としたステージは圧巻でした。

 

 

 

 

 

そしてシークレットゲストの城之内早苗さん。

 

N.U.さんと一緒に2曲も演奏して頂きました。

伝説の「セーラー服を脱がさないで」もちょっとだけ披露してくれましたよ。

 

 

 

 

 

トリ前は「千綿偉功」さん。

 

温かい人柄が伝わるようなステージで、お客さんと一体になって演奏していました。

 

 

 

最後はこのフェスの主催者「N.U.」さん。

 

セッティングのためステージにあがったとたん、急にすごい雨が!!

お客さんも出演者もスタッフも雨に濡れない場所に避難して、雨がやむのを待ちました。

 

 

 

 

誰1人、帰るお客さんはいなくて。

絶対演奏できるって誰もが信じていて。

 

 

雨が上がるまで待ち続けていたら・・・少しずつ小雨になってきました。

 

 

 

そうしたら。

私たちの方からは何も言わなかったのに、お客さんが戻ってきてくれたんです。

再開するとかアナウンスしていなかったのに、お客さんが戻ってくる姿は感動的でした。

 

雨は小雨から少しずつあがってきて、

いよいよ「N.U.」さんの登場です。

 

みんなの願いも通じたのか空には虹もかかり、幻想的なステージでしたよ。

 

 

 

 

最後にまた出演者全員でセッション「夜空ノムコウ」を演奏し、アコフェスは終了しました。

 

 

天気予報は晴れだったのに、雨が降ってしまう信じられない天気でしたが、

無事に開催することができて、私たちスタッフもホッとしました。

雨の中、ご来場頂いたみなさん、本当にありがとうございました!!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » イベントレポート » 【レポート】ヨコハマアコースティックフェスティバル2012

PAGE TOP