人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【アークシップ通信】インターン生《なでしこ》の活動日記#2

【アークシップ通信】インターン生《なでしこ》の活動日記#2

みなさんこんにちは!!ブログ編集長のまっしゅです。
さて今週も「なでしこ」の活動日記をお送りいたしますよ♪
それでは豊田さんよろしくお願いします!!

*********************************

こんにちは!アークシップ インターン生の豊田です。

先週8月20日~8月24日の、インターン生3人組“なでしこインターン”の活動報告をします!!

 

【8月20日:豊田】

ホッチポッチミュージックフェスティバルの広報計画書を書いたり、説明会用の掲示物を作ったりしていく中で、代表に言われたのが「現場を考える」というお言葉でした。

私たちの活動には必ず相手がいるので、その相手を意識した仕事をしていかなければならないと。

広報計画書作りでは、単なる理想ではなく「誰がいつまでに何をやるか」を明確にしていかなくてはならないと言われました。そうでなくては計画書にはならない。

想像力を膨らませて、アイデアを出して・・・。なかなか難しいです。

本当に自分の力不足というか、頭の固さを痛感しましたが、みんなで集まって話して、よい計画書を作っていきたいです。

 

【8月21日:ホッチポッチミュージックフェスティバル出演者交流会】

初めてスタッフとして出演者さんを迎えました!初めてアークシップTシャツも着ました!笑

小さなハプニングはいろいろとあったけれど、現場の雰囲気を知ることができ、学びの多い1日でした。

(詳しくはこのブログをご覧ください☆)

 

【8月22日:渡辺】

▼活動報告


市庁舎での打ち合わせに同行させて頂きました。
ホッチポッチミュージックフェスティバルの当日会場の調整や、横浜音楽空間についての確認など、これからのイベントに向けての幅広いお話を聞かせて頂きました。

 

【8月23日:村岡】

横浜コミュニティデザインラボが取材をしに来てくださったので、立ち会いました。
今日、取材をしている場面を人生で初めて見ました。普段活字化されているものを雑誌等で見ますが、ライターさん達が投げかける質問を聞いてみて、
これがどのように活字化されていくのか、またどのようにまとめるのか、とても興味深かったです。

これから広報活動の中で、出演者さんたちにインタビュー等をするかもしれないので、
こういう風に取材をしていくんだ。と勉強になりました。

 

【8月24日:楽園夏祭スタッフ体験】

《豊田》

今日は「楽園夏祭」で初の現場体験をさせて頂きました。
イベント当日の現場の作り方が分かっておもしろかったです。
朝は体力も集中力もあったのでテキパキ動くことができていたのですが、後半疲れが出てくると、
動作に時間がかかってしまったり、面倒くさがってしまったりする時がありました。最後まで持続させられるようにしたいです。

また、かなり大きな規模のイベントを経験できたことも、ホッチポッチで様々な人をさばかなければならないときに役立ってくるものだったのではないかと思います。

今回は明確な役割が与えられていた訳ではなく、しかも割とゆるい感じの現場だったと聞いたので、

今日体験して学んだことを、もっと厳しい環境でも生かしていき、さらに今日より良い動きができるようにしていきたいです。

学んだことは、分からないことはそのままにせずすぐ聞く、気づいたことがあればすぐ動く、キビキビ動く、

スタッフとしての自覚をもつ、オンオフを切り替える、役割分担をわきまえる、体調管理をきちんとする、です。

《村岡》

初めての現場体験でしたがイベント当日はどのようなことをするのか?どのような準備をしていくのか?という事を直接見ることができました。

イベントは音響さん、照明さん、出演者の方々、運営・・・と多くの人が携わって作り上げていくのだなと感じました。

また現場は、反応の速さと正確さが命だと痛感しました。

やはり後半になってくると疲れが出てきて効率が悪くなったり、

会場の詳細な出店情報など(例えば風船はどこで配っていたか?等)を把握しきれずにお客さんに聞かれても十分に答えられなかったのが反省点です。

やはりお客さんからは”スタッフ”として見られているので、責任を持って行動・発言をしていくべきだと思いました。

そしていとしのエリーズさんのライブで、お客さんの笑顔であったり一緒になって歌ったり踊ったりしている所を見て、自分までうれしくなりました!

9月1日から本格的にホッチポッチの広報活動がはじまりますが、最終目標である「広報してくれる仲間をもっと増やす」べく、試行錯誤頑張っていきたいです。

 

《渡辺》

初めての現場体験で、勝手がわからない部分もありましたが、たくさんの収穫があり、

気づきや、学びや、自分自身の課題をたくさん発見することができました。

事務所作業だけではつい忘れてしまいがちですが、すべての作業や仕事の向こう側には、”人”が存在していること、だからこそ、すぐに行動すること、臨機応変に対応すること、そして、思いやりを忘れないこと。協力してくださる団体の方々はもちろん、アークシップのみなさんにも。

今回ははっきりとした担当がなく、気づいた人、手の空いている人がすぐに動かなければいけない現場でしたが、自分自身、もっと動けたのに、視野が狭いなと感じる部分が多々ありました。この気持ちをこのままにせず、一歩一歩でも、着実に改善し、成長したいです。

また、ホッチポッチ広報計画の打ち合わせでの、『一つ一つの作業をやることが目的なのではなく、目的に向かって行動していくという意識を忘れないこと!』というお話は、ついつい自分の”視点”が下がっていたことに気づかされました。

もっともっと視点を引き上げて、『ホッチポッチをたくさんの方々に見てもらうこと・たくさんの人を巻き込んで情報を発信していくこと』という目的に向かうための行動を考えていきたいと思いました!

**********************************************

ありがとうございました~!!なでしこの活動日記は毎週お送りしますのでお楽しみにね!!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » なでしこインターンの活動日記 » 【アークシップ通信】インターン生《なでしこ》の活動日記#2

PAGE TOP