人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP まっしゅの徒然日記#29

まっしゅの徒然日記#29

この徒然日記は、まっしゅの感じたことや思ったことを書き綴る日記です。
お時間がある時にでも、読んで頂けると嬉しいです。

 

*******************

 

IMG_4758

 

みなさん、こんにちは。
ブログ編集長のまっしゅです。

 

新たな年度が始まりましたね。
アークシップにも新しいスタッフが入ってきてくれたらいいなぁと思う今日この頃。

 

新しいスタッフが入ってきて、私がまずすることは…
そのスタッフにニックネームをつけることです。

 

それって案外、重要なことだと私は思っています。
ボランティアスタッフを希望して入ってくる人たちはわりと、
明るくて親しみやすい人が多いのですが、
ニックネームをつけて呼ぶことによって、その人に居場所ができるからと思うからです。
実際、そうすることによって溶け込めたスタッフも多いと思うし、
最初の壁をとっぱらうことができると思うのです。
私の持論ですが。

 

でも…
こう見えても私も人見知り、なんです。
初めてのスタッフと接する時はかなり緊張します。
仕事の時はスイッチが入るので、何とか頑張れるのですがね。
いつだって緊張しまくりなのです。
人見知りだからと言って、会話しなかったら仕事にはならないし、
イベントスタッフなんて人と人とのコミュニケーションですからね。

 

フェリスの大学生に現場とは何ぞやを教える時も緊張しました。
だって何を話したらいいのか分からなくて。
そういう時はだいだい、音楽の話や大学の話を聞いてみることにしていますが、
心臓がばくばくいってますよ。笑。
私は何かしらの会話のきっかけを探して、そこから話題を探すようにしています。
質問するといろいろ会話が続くものなので。
もう何年もフェリス生を担当しているので、だいぶ慣れてはきましたが。
仲良くなる分、お別れが淋しかったりもします。
昨年も打ち揚げの時、泣いちゃったしねぇ…。←遠い目。

 

なので、コミュニケーションスキルが高い人には憧れますね…。
今は異動してしまいましたが、私の働いてるお店に店長として異動してきた方は、
かなりコミュニケーションスキルが高い方でした。

 

新米店長だったので、仕事は手探りな感じでしたけれども。笑。
どんな人にもその人に合わせてすっと降りていけるのはホントにすごかったなぁ。

 

うまく伝わらないかも知れないけれども。
年下でも年上でも、会話のきっかけを探して場を盛り上げるって、
何気に難しいと思うのですよね。←そう思うの私だけですか??
今思えば、店長だし自分なりに頑張っていたのかなぁ…とも思いますけど。
いるだけでその場の雰囲気が明るくなるような、そんな人に憧れています。

 

なれるかな?私。
春になったし新年度だし、心機一転頑張っていきたいと思います。

 

さて、最後に最近のオススメの曲。
今更感満載ですが…

 

https://www.youtube.com/watch?v=KCTj5oOcdf0&list=RDKCTj5oOcdf0

MAN WITH A MISSION「フォーカスライト」

 

歌詞に魔法という言葉が入っている曲がわりと好きです。
この曲はベスト盤を初めて聞いた時に、即効ハマった曲なんですよね。

 

♫綺麗ごとばかりじゃないなんて無駄に大人ぶるより
君の夢の続き見る方が僕らは救われるんだ

世界の終わりがすぐそこにきたとしても
あなたがくれた魔法を 僕らは忘れないから

 

 


トップページ » メンバー目線で・・・ » まっしゅの徒然日記#29

PAGE TOP