人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP まっしゅの徒然日記#38

まっしゅの徒然日記#38

この徒然日記は、まっしゅの感じたことや思ったことを書き綴る日記です。
お時間がある時にでも、読んで頂けると嬉しいです。

 

*******************

 

「ラジオのある風景」

 

 

みなさん、こんにちは。
ブログ編集長のまっしゅです。
突然ですが、来年の手帳を買いました。
マンスリースケジュールだけあるものを毎年使っていたのですが、
急に思い立ち、いろいろ書き込める厚い手帳を買って使っています。
1日の終わりにいろいろなことを考えながら、
その手帳に書き込むのが何だか楽しい毎日です。

 

さて、最近はアマ●ンのミュージックやビデオにハマっています。
昔聞いていた曲を改めて聞いてみたり、
自分の知らないジャンルの曲を聞いてみたり、
今までレンタルで借りていた映画を観たりと、
懐かしのドラマを観たりと、
なかなかの頻度でそのアプリを使っています。

 

私は、常に何か音がないとダメなタイプで。
小さい頃は、寝る前に本を読んでもらっていて、
小学6年生の頃からは、寝る前にラジオを聴くようになりました。

 

父がラジオ好きなので、最初はおさがりのラジオで聞いていたのですが、
自分専用のラジオを買ってもらった時はとっても嬉しかったのです。

 

伊集院光さんの番組や、
叫ぶ詩人会のドリアン助川さんの悩み相談?とか、
オールナイトもよく聞いていたなぁ・・・。

 

私が高校生の頃は、
音楽を聞くこととラジオを聞くことくらいしか、
深夜に音を楽しめるものがなくて。
ラジオからいろいろな情報をゲットしたり、
好きなアーティストの新曲を楽しみしていたり、
ラジオ番組自体も録音して、通学の時に聞いてみたり、
当たり前のようにラジオが自分の生活の中にあったけど。

 

今はスマホで楽しめるコンテンツがたくさんあって、
ラジオの存在なんてすっかり忘れていました。
でも最近不意に、とても新鮮に思えたのです。
朝起きると、居間ではいつものようにNHKラジオが流れている風景が。
ご飯を食べながらラジオを聞いてると、
ゆったりとした時間が流れていて、
爽やかな気分で1日が始まる気がしました。
(あくまでも気分、ですが)

 

アークシップの事務局で働いていた頃は、
毎日FM横浜が流れていて、楽しかったな(´∀`;)
またラジオを聴き始めてみようと思います。

 

 


トップページ » メンバー目線で・・・ » まっしゅの徒然日記#38

PAGE TOP