人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP NO,186「友達のまま」プリンセスプリンセス

NO,186「友達のまま」プリンセスプリンセス

 

【友達のまま/プリンセスプリンセス】
プリプリベスト

「だんし」ってやつは、女性に対してこうあって欲しいという妄想的なイメージがあるのですよ。

妄想の世界では、その女性との関係がこうだったらな・・・って、思うもんなんですよ。

それを世間ではテレビドラマや映画、小説で読んだりするわけだけど、歌でも自分の理想とする世界とリンクする時があるわけです。

と、いうことで今回私が妄想した世界観とピッタリな歌が、今回選んだプリプリの「友達のまま」

メロディに乗った歌詞が、情景を想像させる。

5分間の空想小説。

作詞の技術に脱帽。

内容はというと、歌は女性目線でつづられる。
いつも一緒にいた男友達の事が実は好きだが、男はそれに気付いてないようだ。

「言わないつもりの言葉をいつまで覚えてるの」

なんて、切ないんだ。
なんて、けなげなんだ。

途中でこんな歌詞も出てくる。

「一度きりのふざけてたキス もう忘れてるでしょ?」

お〜〜い、どんなシチュエーションだったんだよ〜〜〜

なんて可憐でいじらしい女性なんだよ〜〜
こんな子に会いた〜〜い

と、妄想がピークに達し一人で叫んでいたら、となりで奥さんが

「こんな子いるわけないでしょ」

ばっさり切られた・・・・
何故女性はこんなにも現実的なんだ・・・

こんな事にはめげずに、今後も妄想を続けます。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » NO,186「友達のまま」プリンセスプリンセス

PAGE TOP