人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 私的音楽評No.220 ニシセレクト57

私的音楽評No.220 ニシセレクト57

私的音楽評No.220 ニシセレクト57

 

元気です

 

いまや、ただのお爺ちゃんになった気配の吉田拓郎さん。
大昔はね、俺が中学生だった頃はね、時代の風雲児だったのよ。
ちょうど反抗期だった中学生は、そりゃ影響を受けました。

 

どんなに大ヒットを飛ばそうと「テレビには出ない」
紅白歌合戦からオファーがきたら「持ち時間20分ください」
レコード大賞受賞式にはタキシードではなく、
デニムとダンガリーシャツで登場。

 

いまでは当たり前になった、全国コンサートツアーも
吉田さんが日本ではじめておこなった。
いまでは当たり前になった、ミュージシャンの会社設立も
吉田さんのフォーライフがはしりだ。

 

生き方がかっこよかったのだ。
世の中で大人たちが決めつけていた事を、次々に刷新した。
その時代のシンガー・ソングライターのしがらみを
大胆に断ち切り、大海に飛び出した。

 

そして、
音楽的には…実は….たいしたことはしていなかった。
フアンには殴られるかもしれないが、たいしたことはしていない。
でも、そこが中高生のハートつかんだ。
「ポップミュージックは気ままでいいんだよ」
そういうメッセージが楽曲にあった。
つまり、パンクだったんだ。

 

今回紹介する歌は、オリコントップチャートに二年間君臨した
アルバム“元気です”に納められています。
当時、音楽の担当教師が「これは作曲とは言わない」と言い捨てた歌です。
笑っちゃうよ。聴いてみてね。

 

馬/吉田拓郎(1972年)
http://www.youtube.com/watch?v=2z9yfJG3vhw

 

追記:今の中高生にとって、時代の風雲児っているのだろうか?

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 私的音楽評No.220 ニシセレクト57

PAGE TOP