人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】 No,245 五十嵐セレクト 68

【私的音楽評】 No,245 五十嵐セレクト 68

 

 

 

先日、横浜市内のある地域ケアプラザにお邪魔する機会があった。
地域ケアプラザとは「地域での福祉保健活動や交流の拠点となる在宅介護支援施設」で、
ある意味地域内の「居場所」でもある。

 

 

ケアプラザがあるエリアは、様々な要因により、横浜市内でも最も高齢化率
(65歳以上の高齢者人口(老年人口)が総人口に占める 割合のこと)が高くなり、
なんでも51%とのことであった。

 

 

地域内では「助け隊」が組織され、例えば83歳の男性が、一人暮らしの女性高齢者の
日頃の安否確認や身の回りの世話をされてたりしている。

 

 

なんでもこのエリアは、先日TVでも取り上げられたとのことで、
住民の皆さんは、このエリアに対してネガティブなイメージを
もたれることを危惧されていた。

 

 

「おやじバンド大会」の開催や、地域の川のせせらぎを守る運動
地域の運動会や盆踊り大会などなど、様々な取り組みがなされ、
地域活動に熱心な方は、勿論いらっしゃるのだが、こちらも
「高齢化」が進んでおり、新たな担い手を必要としている。

 

 

「定年で退職された方や、女性に、もっと地域活動に参加して欲しい。
でも有効な手立てがなかなか見つからない」
「助け隊」のリーダー格の方はそうおっしゃっていた。

 

 

実は、山崎亮も書いているとおり、日本は世界的にみて高齢化率が最も高く
(2013年現在で約25%)、高齢化社会の領域では先進国であり、
中でもこのエリアは最先端という言い方も出来る。

 

 

いわば「助け隊」の活動の成否は、全世界的に注目されていると言っても
いいかもしれない。

 

 

自分としても、何か出来ることがあれば進んで協力したい、と思っている。
最先端の企業(団体)は、Apple や Google や Microsoft だけではないのだ。

 

 

 

ということで、今回は最近聴いていてとても気持ちのいい、
「Weather Report 特集」をお送りします。
(脈絡がなくて恐縮です,,,)

 

 

 

125th Street Cogress / Weather Report

 

 

1973年の作品。同時期の Mikes Davis の音楽を、
ちょっとファンキーにしたような曲。
Dom Um Romao のパーカッションがスパイスの様に効いている。

 

 

この曲が入っているアルバムはこちら

 

sweetnighter

Sweetnighter / Weather Report

 

 

 

Nubian Sundance / Weather Report

 

 

この曲も Dom Um Romao のパーカッションがスゴイ。
ライブテイクもあるがそっちの方がもっと格好いい。
その辺のハードロックを一発でリングに沈めるようなヘビーネス。

 

 

この曲が入っているアルバムはこちら

 

Mysterious Traveller

Mysterious Traveller / Weather Report

 

 

 

River People / Weather Report

 

 

ベースが Jaco Pastorius に変わった後の曲。
Jaco のボーカルもちょびっと聴くことができる。
上の2曲に比べると、整理整頓されてAORっぽくなった。
このベースのフレーズが、たまに耳から離れなくなる。

 

 

この曲が入っているアルバムはこちら

 

Mr.Gone

Mr. Gone / Weather Report

 

 

それではまた。

 

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】 No,245 五十嵐セレクト 68

PAGE TOP