人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】No.210 五十嵐セレクト 58

【私的音楽評】No.210 五十嵐セレクト 58

 

201205311725325b41

 

 

2014年が始まりました。
新しい年の始まりです。

 

 

ただ、昨年暮れに大変悲しいことがありました。
大滝詠一さんが永眠されました。

 

 

大滝詠一さんの訃報イコール
彼の新譜を永遠に聴くことができなくなった、
ということです。
とても残念です…

 

 

最後のアルバム「EACH TIME」が世に出たのが、
1984年の3月21日なので、もうすぐ30年!!ということになります。

 

 

思い返せば、ちょうどその頃自分は、
浪人生活に終わりを告げようとしていて、
「EACH TIME」を聞くと、
今でも予備校の最寄り駅から乗り込んだ電車の車窓から見えた
キラキラとまぶしい風景を思い出します。

 

 

改めてご冥福をお祈りします。

 

 

彼は「はっぴいえんど」解散後
ソロ一本で音楽活動を続けていましたが、
いくつかデュエットの作品を残しています。
残されたデュオ作のいくつかが、
彼が愛した往年の洋楽であるってことは
とても興味深く、今聞いても全く飽きない作品ばかりです。

 

 

今回は、彼が昔HNK-FMのプログラムで
山下達郎とデュエットした曲の音源と
竹内まりやのアルバムでのデュオ作の
計3作品をご紹介します。

 

 

NHK-FMのこのプログラム(1981年)は、
自分も生で聞いていて、なおかつカセットテープに
録音もしていて、何回も何回も聞いていたのだけれど
引越ししたときに、そのテープがどっかにいってしまって
残念な思いをしていたので、こうしてまた聞くことが
出来てとても嬉しく思います。

 

 

 

Come Softly To Me / 大滝詠一&山下達郎

 

 

この曲は1950年代の終わりから1960年代の初めにかけて活動していた
アメリカはワシントン州出身の男性ひとり女性ふたりの混声グループ
The Fleetwoodsの1959年のヒット曲。とってもソフトで耳障りの
いい曲をいくつか世に送り出しました。

 

 

二人のバージョンでは、山下氏が女性のパートを、
大滝氏が男性のパートを担当して、ドンカマをバックに
さらにソフトに仕上げてます。

 

 

The Fleetwoods のアルバムを一枚という方にはこちらをオススメ。

 

Fleetwoods

The Very Best Of The Fleetwoods / The Fleetwoods

 

 

 

All I Have To Do Is Dream / 大滝詠一&山下達郎

 

 

この曲を歌った The Everly Brothers は、
同じく1950年代の終わりから1960年代にかけて一世を風靡した兄弟デュオで、
彼らの影響力の大きさは、1986年第一回のロックの殿堂の
最初の10アーティストに選ばれたことからも分かります。

 

 

この曲は彼らの代表曲の一つで、
とってもロマンティックな歌詞をもっています。
良い時代です。

 

 

The Everly Brothers のアルバムを一枚という方にはこちらをオススメ。

 

Everly Bros

The Definitive Pop Collection / The Everly Brothers

 

 

 

Something Stupid / 竹内まりや&大滝詠一

 

 

最後は、竹内まりやが彼女が幼少期に聞いていた洋楽をカバーした作品を
集めた彼女自身がプロデュースしたアルバムから。
オリジナルは、Frank Sinatra とNancy Sinatra の親子デュオ
1967年の作品で、Nancyのアルバム「Sugar」に収められています。

 

 

余談ですが、このアルバムには、山下達郎が在籍し、
大滝詠一がプロデュースしたシュガーベイブが唯一世に送り出した
アルバム「SONGS」の最後の曲「Sugar」の元ネタ曲「Sugar Town」が
収められています。

 

 

この曲を収録したアルバムはこちら

 

竹内まりや

Longtime Favorites / 竹内まりや

 

 

 

それじゃ、また

 

 

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】No.210 五十嵐セレクト 58

PAGE TOP