人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】No.205 「Sympathy For The Devil」The Rolling Stones 担当:長谷川

【私的音楽評】No.205 「Sympathy For The Devil」The Rolling Stones 担当:長谷川

【Sympathy For The Devil/The Rolling Stones】

ローリングストーンズのジャパンツアー決まりましたね。

パシフィックスタジオの店長の本さんが、大喜びでロビーのBGM音量を3割増しでストーンズを聞いてました。

 

チケット料金ですが、S席で18,000円!一番安くても14,000円!!!
GC席と呼ばれる花道を囲む座席は80,000!!!

 

ライブは観たい・・・
でも、正直チケット代は高い・・・・

 

先日ポールマッカートニー来日の公演もやはり同じくらいの金額でしたよね。

 

さんざん行くかどうか迷って、やめたんです。
だって、チケット代が高いんだもん・・・・

「ライブ」を大切にしているアークシップの代表がチケット代が高いから行かないというのはどうかな・・とか、

今回の来日が本当に最後になるかもな・・・・とか、いろいろ考えているあいだにチケットが売り切れたのであきらめました。

 

facebookには次々と「ポールマッカートニー観に来ました」の記事が飛び込んでくる中、仕事をしてました。

その話を、ライブハウス新横浜ベルズのK社長と呑んでいた時にしたところ、

「ポールマッカートニーはポップス界で間違いなく世界一なんだから、それくらいのチケット料金じゃないとダメなんだよ。クラシックやオペラはもっと高いんだから」

なるほど、それはそうだ、一理ある。

なんだか妙に自分の中で納得出来た言葉だった。

 

世界で一番の生ライブを観るんだから、それくらいの金額を払わないとポップス界の価値が上がらない・・と、

考えれば高いチケットを買うことも決断出る・・・かもしれない。

ストーンズのライブに行くかどうかはまだ未定ですけどね。

 

ストーンズの好きな曲の中の一つ。
「Sympathy For The Devil」

 

延々ループするパーカッションと女声コーラスがずっと響いているのが気持ち良い。

この曲好きなんだよなぁ〜〜とスタジオで言ったら、どのライブバージョンが良いですか?と本店長に言われ、言葉に詰まりましたが・・・

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】No.205 「Sympathy For The Devil」The Rolling Stones 担当:長谷川

PAGE TOP