人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】 No,248 五十嵐セレクト 69

【私的音楽評】 No,248 五十嵐セレクト 69

 

 

 

“お正月と言えばー、こたつを囲んでー、”
というはっぴいえんどの曲がありましたねー。

 

 

自分にとってお正月の楽しみと言えば
「箱根駅伝」です。

 

 

特に走るのが好きなわけでもなく、
母校が出場する可能性もないに等しいのですが、
必ず毎年チャンネル(死語か)を合わせてしまいます。

 

 

一つには、全体の行程の80%以上が神奈川県内なので、
見知った街角がしばしば登場するからです。
「ここ曲がったところに前アークシップの事務所があった!!」とか
「3.11の時はここ延々と歩いたんだよな、、、」とか。

 

 

先日大磯に行った時も国道を越えるときに
「ここを駅伝ランナーが必死で走ったんだなー」と思うと
なんとなく感慨深くなりました。

 

 

あと、言うまでも無く駅伝はチームプレイのスポーツであり、
母校のために走る、次の走者にできる限り早く繋ぐ、という意識を
みんなが持っています。

 

 

なんせ、いくら優勝候補の学校といえども、だれかが途中棄権しようものなら、
否応なしに50校近くが参加して上位10校しか本選に出場できない
予選会からの参加を余儀なくされるのだから、
出場選手のプレッシャーは相当なものなのでしょう。

 

 

なので、母校のために襷をつなぐ、という責任感は
ランナー達の胸にしっかりと刻まれ、その意識というか体質は
自己を形成する上で重要なファクターとなっていることでしょう。

 

 

もしかして、会社の採用担当者は、ウォンツリストに
「駅伝出場経験の有無」なんて項目を忍ばせているかも
しれませんね。。。。

 

 

自分もジョギングからはじめてみようかな。
なんてね。

 

 

さてさて、、、、というわけで、
今回は「走る=RUN」をタイトルに持つ曲を集めてみました。

 

 

 

Run Baby Run / Sheryl Crow

 

この曲が納められているアルバムはこちら。

 

sheryl crow
Tuesday Night Music Club

 

 

Running On Empty / Jackson Browne

 

この曲が納められているアルバムはこちら。

 

running on empty
Running On Empty

 

 

Run Like Hell / Pink Floyd

 

この曲が納められているアルバムはこちら。

 

the wall
The Wall

 

 

それではまた

 

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】 No,248 五十嵐セレクト 69

PAGE TOP