人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】 NO,238「ウムイウタ」担当:長谷川

【私的音楽評】 NO,238「ウムイウタ」担当:長谷川

Cojaco「ウムイウタ」
51pQ0hW8dkL._SY355_

この1〜2年、冬が寒すぎてつらい・・・
自転車通勤の身にとって、突き刺すような乾燥した風は体にこたえる。

 

なら、自転車通勤を止めればいいじゃ無いかという根本的な疑問は
さておき、真剣に冬の間だけ沖縄で暮らしながら仕事が出来ないかと
計画を始めた。

 

2週間ずつ沖縄と横浜に住み、打ち合わせは全て横浜にいる時に
行い、沖縄にいる間はパソコンで作業&facetimeで打ち合わせ・・・ってな感じで。

 

その話を得意げにアークシップでの飲み会で話してたら、

「沖縄から戻ってきたら余計寒さがつらいんじゃないですか?」

 

う〜〜ん、その通り・・・
余計しんどいな。

 

その前に沖縄での家賃どうするのか、犬たちどうするんだ・・・
と問題山積みなので無理だな。

 

ところで、自分にとって横浜の夏は「7月20日〜8月10日」の3週間のみで8月11日以降はもう秋なのです。

 

この話はほとんど分かってもらえないんだけど、だいたいお盆になると風が昼でも涼しい秋風が吹き始める。
空は高くなり、入道雲が減って細長い雲が増えてくる。なので、気温が高くても「もう秋」なのである。

 

今年は8/2にはもう秋空・秋風になっていたことにどれくらいの人が気がついていただろうか・・・

 

もう本当に夏が終わってしまった今、せめて沖縄の音楽を聞いて癒やされるしかない。
ということで、最近は沖縄民謡を聞いてる。

 

 

沖縄の音楽の独特な雰囲気は「方言」で唄われている歌詞と独特な音階。
ドレミファソラシド」と弾いたときの「レ」と「ラ」を抜き「ドミファソシド」と弾けば、立派な沖縄音楽になるので、やったことが無い人は是非試して欲しい。

 

せめて沖縄音楽で気分を南国に持っていきながら、アークシップが最も忙しい秋を楽しく乗り越えて行くことにしよう。

 

 

▼YouTubeはこちら「てぃんさぐの花」
https://www.youtube.com/watch?v=UPPEkVkFvV4

 

 


トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】 NO,238「ウムイウタ」担当:長谷川

PAGE TOP