人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】No,176 五十嵐セレクト48

【私的音楽評】No,176 五十嵐セレクト48

 

 

 

みなさん、こんにちは。

今日2月14日は “バレンタインデー” ですよね。

Facebook上でもチョコレートの写真が花盛りです。

 

 

そこで、今回はありきたりですが Valentine もしくはチョコレートの歌を集めてみました。

ちなみに、自分個人としてはここ数年 “贈り物” を受け取っていません… 寂しいな〜

 

 

 

Valentine / Willie Nelson

 

Willie Nelson の1993年のアルバム「Across The Borderline」から。
もともと他のコンポーザー(このアルバムでも、 John Hiatt, Paul Simon, Bob Dylan など)
の曲を録音することで有名な彼ですが、この曲は数少ないオリジナル曲です。
彼独特の味わいのある声は好き嫌いが分かれるかも。
自分は好きですけどね。

 

アルバムはこちら

 

Across The Borderline

「Across The Borderline」

 

 

 

チョコレイト・ディスコ / Perfume

 

なにがきっかけだったか今となっては思い出せないのだけれど、
はじめてこの曲を YOU TUBE で見たときにびっくりした!!
チョコレイト+ディスコだって!!
それから彼女たちの曲を同じく YOU TUBE で探して聴きまくって
最終的にアルバムまで買ってしまいました。
ちなみに、いわゆる“女性アイドル”系のCDを購入したのは、
渡辺満里奈の「Ring-a-Bell」以来。

 

アルバムはこちら

 

COMPLETE BEST

「COMPLETE BEST」

 

 

 

My Funny Valentine / Miles Davis

 

今回取り上げた曲の中では恐らく最も有名な曲。
他にも、Frank Sinatra, Wynton Marsalis, Chet Baker 他の
バージョンがあります。
この曲が入っているアルバム含めて、もしかしたら Miles Davis の
パブリックイメージの一つを形作っている曲かもしれないです。
個人的には、曲調がBメロでパーッと明るくなるところがハイライト。

 

アルバムはこちら

 

Cookin'

「Cookin’」

 

 

それでは、また!!

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】No,176 五十嵐セレクト48

PAGE TOP