人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】No,172 五十嵐セレクト47

【私的音楽評】No,172 五十嵐セレクト47

 

 

皆様、こんにちは。

 

 

毎年のことながら、
「1月は長いな〜、正月三が日が遠い昔のことのように思えるな〜」
と、感じている五十嵐です。

 

 

1月15日、映画監督の大島渚さんが亡くなられました。

自分は沢山映画を見るような人間ではなく、

映画について一家言持っている訳でもないので、

彼の功績について多くを語ることは出来ないのだけれど、

彼の姿や言動をテレビ等で拝見する限りでは、

とても真面目で一本気な印象を持っていました。

 

 

いずれにしても残念です。ご冥福をお祈りします。

 

 

大島監督がメガホンを取った映画の中で、よく知られているものの一つに

「戦場のメリークリスマス」がありますよね。

 

 

この映画のキャスティングの意外性?については、

今更触れるまでもないとは思いますが、

主役級の David Bowie と坂本龍一以外にも、

いわゆるミュージシャンが何名か出演しています。

 

 

そこで、今回は大島監督を偲んで、

この映画に出演したミュージシャンの中から、

3名を取り上げてみました。

 

 

 

What In the World / David Bowie

 

俘虜となった陸軍少佐ジャック・セリアズ役で出演。

 

この曲は、あまり知られていないかも知れませんが、

Iggy Pop がコーラスをつけているせいか、独特の浮遊感があって、

とても好きな曲です。

 

アルバムはこちら、

low

Low / David Bowie

 

 

Differencia / 坂本龍一

 

日本軍俘虜収容所の所長の陸軍大尉ヨノイ役で出演。

 

YMO結成後のソロアルバムの1曲目。

大ヒット作の「Solid State Survivor」の

後のアルバムにしては、実験作だったのでちょっとビックリ。

でも、この曲が入ったアルバムは、いわゆる後のニューウェイブ〜アバンギャルド〜テクノ

という流れを見るにつけ、とっても影響力があった一枚だと思います。

 

アルバムはこちら、

B-2 Unit

B-2 UNIT / 坂本龍一

 

 

BANG! / 三上寛

 

イトウ憲兵中尉役で出演。

 

作品によって全く表情を変える彼のアルバムの中でも、

もっとも異色ともいえる作品。

なんと山下洋輔との共演!!

とにかく最後まで聞いてみてください。

 

アルバムはこちら、

bang!

BANG! / 三上寛

 

 

 

なお、Wikipedia によりますと、
「戦場のメリークリスマス」の配役は、
鬼軍曹ハラには、ビートたけしではなく勝新太郎が、
陸軍大尉ヨノイには、坂本龍一ではなく沢田研二が、
それぞれ予定されていたそうです!!

 

 

 

それじゃ、また!!

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】No,172 五十嵐セレクト47

PAGE TOP