人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】NO,155「くせのうた(星野 源)」担当:長谷川

【私的音楽評】NO,155「くせのうた(星野 源)」担当:長谷川

 

【くせのうた(星野 源)】

 

 

 

最近聞いている音楽は、ほぼ「癒やし系」
ココロが落ち着く曲を選んでしまう。
特に最近は「歌詞」に自分の琴線が触れてその曲を好きになる事がある。
今一番ぐっと来ているのは「星野源」
声も曲も穏やかだけど、歌詞がいいんだよなぁ〜〜
直接的に「愛だ恋だ」と言わないけど、その人のことを思っていることが
伝わってくる。8mmビデオで撮影した穏やかな映画を見ているようなキモチに
なってくる。
自分は文章を書くのが下手だ。
頭の中にある事を「話すこと」は得意だが、「書くこと」は苦手。
思った事がカタチになってくれない。
おそらく良い文章を書くには「書く技術」の前に「ものごとをどう見ていて、
どう感じているか?」の方が大切だと思う。
見ている風景は誰でも一緒。
でも、どう見るかは10人いれば10人とも違う。
どこから見るか?
どのように見るか?
どう感じるか?
それは全てココロのゆとりが必要かもしれないな。
ゆったりとすっきりと感じるられるように生きていきたいなと
思う今日この頃です。
▼YouTubeでチェック「くせのうた」
http://www.youtube.com/watch?v=uYJS0O-9tIc
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】NO,155「くせのうた(星野 源)」担当:長谷川

PAGE TOP