人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】NO,152「空にまいあがれ(真心ブラザース)」担当:長谷川

【私的音楽評】NO,152「空にまいあがれ(真心ブラザース)」担当:長谷川

【空にまいあがれ(真心ブラザース)】

 

真心ブラザーズを大学性くらいの時に良く聴いてた。

きっかけは、ユニコーン・すかんち・SPARKS GO GOと言った当時ソニーミュージックの事務所(SMA)の所属バンドが全盛期だったころのイベントに真心ブラザースも出演していた。

当時のSONYは、バンドにもチカラを入れていた。今からは想像つかないけど。

久米宏がニュースステーションをやっていたころ「プロ野球1分勝負」で流れていた「ドカーンと結局やってみよう!!」が有名。

 

当時歌があまり上手くないバンドってあったけど、真心ブラザーズは特にそこからは外れていて・・・「へたうま」という概念からも外れてた気がした。

友達とユニコーンの話とかは出ても真心ブラザーズの話をした記憶は全く無い。

 

 

勝手な想像だけど、特にボーカルのYO-KINGは、技術に関しては人からの評価とか気にしてないんじゃないかな。

それよりも「世の中に伝えたい事がある!!」という【ロックな魂】がすごく強くて、そこに惹かれた人が多かったのかな。

 

とはいえ、聴きやすい曲もリリースしていたから、ライブに行ったらのそのギャップは凄かったかもしれないが・・・

 

聴きやすい曲として「空にまいあがれ」とかなりサイケな感じの曲「スピード」の2曲です。是非聴いてみて下さい!!

http://www.youtube.com/watch?v=5-tQbRUR0Gs

http://www.youtube.com/watch?v=HQiYoY-oWgE

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】NO,152「空にまいあがれ(真心ブラザース)」担当:長谷川

PAGE TOP