人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP 【私的音楽評】NO.151 仲倉の 音楽はじめの一歩 担当:仲倉

【私的音楽評】NO.151 仲倉の 音楽はじめの一歩 担当:仲倉

初投稿なので自分の音楽歴:ルーツソングを紹介しつつ、きままに進行します。

いつもナイスな音楽評を投稿しているニシさんとは小学校からの腐れ縁で、知り合ってもう45年になりました。

僕らの共通の音楽ルーツに小学校の校歌があります。

有名な高木東六先生に作って頂いたからなのか、6年間随分歌う機会も多かった。でも大好きで一生で一番歌っている歌だと思います。
そんでもって元気が出る曲なんです。
学校のHPを見ましたが伴奏しかUPされていなかったので、1番とエンディングを歌ってみました。

 

teraosho_song

 

寺尾小学校校歌
作詞:伊馬 春部 作曲:高木 東六

坂 坂 坂 坂 あの坂この坂
どんな坂でも みんなへいき
朝の光の朝の坂
元気いっぱい かけおりる
小鳥もまけずに ピーチクチ
声をそろえて 歌いだす
ぼくら強い子 元気な子

さえずる小鳥よ むらがる小鳥
小鳥が丘だよ ぼくらの学校
横浜 鶴見の 寺尾小学校

恥ずかしいですが自慢の校歌です。
これって57年も歌い継がれているローカルスタンダードなんだなぁ。
延べ1万人以上の卒業生や先生方が記憶に止め、きっと今でも素で歌える曲なんじゃないかな。
・・いいなぁ・・歌い継がれる作品(スタンダード)を作った音楽家はうらやましい。
うん。何かの記念に、誰かのために、音楽を作ってプレゼントするってのも かっこいいね!

あぁ!思い出した・・そういえば『もりきこ』の連中も何かやっていたような・・
早速メンバーのダニー(昔のあだ名「ヘグパッチョ」「ポンタ」)に電話してみた。

D「そうなんすよ、縁あって今年の4月、町田市の忠生第3小学校の50周年記念歌を作詞作曲させて頂きました。」

※手前がダニー、奥がジュニーです。

仲「やっぱそうか、早速、聴かせてくれー!よろしくね。」

数時間後同じくメンバーのジュニー(昔のあだ名「ニヤリ」「オカマ」)から返信。

J「色々な人に聴いていただきたいですし、僕らとしてもこういった歌を残していく活動を続けて、学校だけじゃなく、
地域の歌を作って歌ってもらえるよう拡げていきたいと考えてます。
また、何かしら面白いことやらかしたいです!」

と添えてもらった。  『もりきこ』いいね!

 

それでは寺尾小学校校歌と何だか通じあえる元気になる曲
学校のシンボル、校庭にそびえたっているメタセコイヤの木をモチーフに作った
『町田市の忠生第3小学校の50周年記念歌』を聴いて欲しいな。

『町田市の忠生第3小学校の50周年記念歌』←youtubeでチェック☆

 

聴いてくれてありがとう。今日も明日も元気でがんばろう!

音楽バンザイ!おわり。

※寺尾小学校校歌歌詞2番以降に興味をお持ちの方は下記サイトに飛んで下さい。
http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/es/terao/sub/ayumi/rekishi.htm

『もりきこ』HPはこちらから。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]

トップページ » 週刊木曜日私的音楽評 » 【私的音楽評】NO.151 仲倉の 音楽はじめの一歩 担当:仲倉

PAGE TOP