人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP アークシップブログ

アークシップブログ

まっしゅの徒然日記#27
更新日:2014.4.27

【レポート】4月12日(土)〜13日(日)アジア交流音楽祭交流ステージ「アゼリア会場」
更新日:2014.4.26

【レポート】4月12日(土)〜13日(日)アジア交流音楽祭交流ステージ「アトレ1階 ツバキひろば」
更新日:2014.4.26

横浜セントラルタウンフェスティバル”Y155”ステージイベント ダンス出演者決定!!
更新日:2014.4.25

【私的音楽評】NO.221 福島セレクト1 担当:福島さん
更新日:2014.4.24

【レポート】4月13日(日)アジア交流音楽祭交流ステージ「ラ・チッタデッラ」会場2日目
更新日:2014.4.23

【レポート】4月12日(土)アジア交流音楽祭交流ステージ「ラ・チッタデッラ」会場1日目
更新日:2014.4.23

【今日の1枚】おとバン86 春のおとバンまつり@戸塚 開催しました!!
更新日:2014.4.21

私的音楽評No.220 ニシセレクト57
更新日:2014.4.17

【今日の1枚】14.04.12-13 アジア交流音楽祭2014開催しました!!
更新日:2014.4.13

【私的音楽評】 NO,219 五十嵐セレクト 61
更新日:2014.4.10

【私的音楽評】 NO,218「深夜番組:寺内ヘンドリックス」担当:長谷川
更新日:2014.4.3

【レポート】3月29日よこはま大さん橋フェスタ2014 
更新日:2014.4.2

まっしゅの徒然日記#27 UPDATE:2014.4.27

この徒然日記は、まっしゅの感じたことや思ったことを書き綴る日記です。
お時間がある時にでも、読んで頂けると嬉しいです。

 

*******************

IMG_2238

 

 

みなさん、こんにちは。ブログ編集長のまっしゅです。
すっかりご無沙汰しておりましたが、私はいたって元気です。笑。
最近はもっぱら好きな音楽や映画に触れたりしております。
とても良いライブを見ると元気ももらえるしパワーももらえたりするので、
見た後は「また頑張ろう!!」と「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

 

刺激になりますよね、誰かが頑張っている姿は。
それが好きなアーティストだったりすると尚更。
笑顔が溢れている会場は、ハッピーなオーラでいっぱいですから、
その空間にずっといたいとも思ったりもします。
だから私はイベントスタッフという仕事が大好きなのかも知れません。

 

 

さて、アークシップのブログで連載されている私的音楽評で、
「THE BLUE HEARTS」のことに触れていました。

そのブログはこちら▼
http://www.arcship.jp/blog/evaluation/fukushima001/

 

私、THE BLUE HEARTSが大好きなんです。大好きすぎてこの徒然日記には書けませんでした。
だって、何を書いてもどんな言葉で表現しても、何も伝わらない気がしたのです。
私の薄っぺらな言葉ではTHE BLUE HEARTSの良さを伝えることができないと思っていました。
が、私的音楽評でTHE BLUE HEARTSのことを読んだ時に何だかとても書きたくなり、
今こうして徒然日記を書いております。

 

私がTHE BLUE HEARTSに出会ったのは小学校4〜5年生の時。
テレビドラマで主題歌に使われていた「TRAIN-TRAIN」
初めて聞いたときの衝撃は本当にすごかった。
歌詞がスッと胸に沁み込んできて、
子供だったあたしはその瞬間からTHE BLUE HEARTSに夢中になりました。
当時の私は常に誰かの顔色を伺って生活している子供で、
中学生の時にはずっと学級委員をしてしまうような、超がつくほど優等生でした。
↑自分で言う事ではないけれど。笑。

 

言いたいことは何も言えず、みんなの意見に従い、
学級委員としてみんなのお手本にはもならなくてはいけない。
嫌な仕事も進んでやってたし、雑用なんかもいろいろやってました。
だから。
ヒロトが書く歌詞は私の気持ちを代弁してくれてるようなそんな気がしました。
世の中にはこんなにもシンプルでそれでも胸に響いてくる歌を歌っている人たちがいるんだなと、
自分の部屋で一人口ずさんでいたものです。

 

初めて買ったアルバムは「BUST WASTE HIP」
THE BLUE HEARTSの4枚目のアルバムです。
お金がなかったのでそのアルバムしか買えなくて、何回も何回も繰り返し聞いていました。
ナビゲーターという曲が好きだったなぁ。
いや、このアルバムの曲はどれも好きだったなぁ。笑。

 

 

THE BLUE HEARTSはすぐ解散してしまったのですが、
その解散をお知らせ?したラジオもリアルタイムで聞いてました。
今後の予定は?と聞かれた時に、解散です。って言うんです、ヒロトが。
切なかったと言うか悲しかったと言うか、ココロに穴が空いた感じですかね。
ライブを見に行く事もなく、THE BLUE HEARTSは解散してしまいました。

 

本当はライブ観に行きたかった。でも田舎の中学生がライブなんて行けるはずもない。
大人になってからDVDを買ったりもしましたが、
やっぱり生で見たかったというのが正直なところです。

 

だからこそ今は。

 

観に行きたいと思ったライブはなるべく行くようにしています。
福島に住んでいるので観に行けないライブもたくさんあるけれど、
後悔したくないし、ライブでしか感じられないこともたくさんあると思うので。
その1回1回のライブをアーティストが大切に想っているように、
あたしも大切に想うんです。
同じ空間で感じるその時の気持ちや雰囲気やみんなの笑顔を。

 

 

 

最後に、吉本ばななさんがTHE BLUE HEARTSについて書いてある本を読みました。
1989年に発行されたモノなのでだいぶ古いのですが、
その私的音楽評でTHE BLUE HEARTSについて書いていた方の優しさのおかげで読むことができました。

 

とても共感しました。
吉本ばななさんの本に共感したなんて、大それたこと言ってることは百も承知です。
でもね、分かるんです。

 

 

本当の意味でとても賢いブルーハーツは、「いらないもの」をたくさん自分が持って
しまっていることを、心地よく感じさせてくれる。/パイナツプリン 吉本ばなな著

 

 

あたしもずいぶんたくさんの「いらないもの」を持ってしまったなぁ…。
子供の頃、夢中で聞いていた時より重い荷物を背負ってしまっているのかなぁ。

 

 

 

♪何か変わりそうで眠れない夜 君の胸はあした張り裂けるだろう
諦めるなんて 死ぬまでないから / ブルーハーツのテーマ

 

 

【レポート】4月12日(土)〜13日(日)アジア交流音楽祭交流ステージ「アゼリア会場」 UPDATE:2014.4.26

みなさん、こんにちは。ブログ編集長のまっしゅです。

 
IMG_2196

 

さて今回は、4月12日(土)~13日(日)に開催されました、
「アジア交流音楽祭2014交流ステージ アゼリア会場」のレポートをお送りいたします。

 

IMG_2985

 

 

**********

【アジア交流音楽祭交流ステージ】とは…
アジア各国の民俗音楽や舞踊、川崎市を拠点として活動する
ストリートミュージシャンなどによる
入場無料のライブコンサートを川崎市内各所で開催しているイベントです。
と同時にアジアンフェスタも各所で開催しており、
音楽と食が同時に楽しめるイベントなんですよ~。

**********

 

 

私は、「アゼリア会場」を担当しました。
川崎駅東口の階段を降りたらすぐ。

 

10007069_632645633484392_8723104879532795401_n

 

交流ステージの中でメイン会場になります。
常にたくさんのお客さんが立ち止まり、会場は終始にぎやかです。

 

IMG_3019

 

今年もたくさんの出演者の方がアゼリア会場を盛り上げてくれました。
中国二胡、インド古典舞踊オディッシィ、津軽三味線、モンゴル民俗音楽、

 

10168094_632645940151028_7989304569478595976_n

 

IMG_3045

 

沖縄民謡、スリランカ伝統舞踊、タイ伝統舞踊、
インドネシア(バリ)民俗音楽と舞踊、台湾系ポップス、
などなどたくさんの珍しい楽器や踊りでお客さんを楽しませていましたよ。

 

IMG_3053

 

1044606_632629966819292_105520388068921240_n

 

10168094_632645940151028_7989304569478595976_n

 

私も興味津々でステージを見つめておりました。笑。
最後は交流ステージのフィナーレとして、出演して頂いたアーティストの皆さんに
アゼリア会場に来て頂きまして、セッションしました!!

 

10155390_632169336865355_1285520965015770602_n

 

10013679_632169363532019_3814248004843345669_n

 

見てください!!この人だかり!!
メイン会場のフィナーレだけのことあります。
たくさんのお客さんに足を止めて頂きまして本当にありがとうございました!!

 

 

毎年、このイベントに参加しておりますが
多種多様のアーティストに出会えて本当に楽しい2日間でした。

 

10173520_632645780151044_5054056738623252182_n

 

またどこかでお会いしましょう~☆

 

【レポート】4月12日(土)〜13日(日)アジア交流音楽祭交流ステージ「アトレ1階 ツバキひろば」 UPDATE:2014.4.26

こんにちは。
スタッフの渡辺です*
pro_mami
今回は、アジア交流音楽祭 「アトレ1階 ツバキひろば」会場のレポートをお送りします。

 

1966897_632646523484303_2559638381084971785_n

 

———- *アジア交流音楽祭とは* ———-

「音楽のまち・かわさき」の川崎駅周辺の10会場にて、日本、中国、モンゴル、ベトナム、インドネシア…などなど、
アジア各国の民族音楽や踊りなどを楽しむことができる、観覧無料のコンサートです。

———- * ———- * ———- * ———-

 

10153922_632621483486807_7733525143526192131_n

 

10157235_632646510150971_4094789821633330771_n

 

10253858_632646440150978_1638463336820982040_n

 

この「アトレ1階 ツバキひろば会場」は、出演者とお客様の距離が近く、会場にあっという間に一体感がうまれる、魅力たっぷりの会場です。
大人気の沖縄民謡から、馬頭琴や二胡といった普段なかなか目にしない珍しい楽器や、
煌びやかな衣装が印象的なインドネシアの舞踊、ポップス、ベトナム音楽などなど、個性豊かな出演者さんたちが、会場を盛り上げてくださいました♪♪

 

10252104_632631423485813_8494456193085797961_n

 

お買い物がてら、足を止めてご覧くださるお客様がたくさんいらっしゃってとても嬉しかったです。

演奏を心待ちにしてくださる方や、時々手拍子をしたり、一緒に歌ってくださるお客様もいらっしゃいました…♪♪

 

 

10009905_632621550153467_7929543514856476747_n

 

10258195_632621566820132_2175540083710848007_n

 

この「アトレ1階 ツバキひろば会場」には、2日間を通して、ずっと温かく和やかな空気が流れていました。

 

ご出演いただいた皆さま、
ご来場いただいた皆さま、
素敵な空間を一緒に創っていただき、どうもありがとうございました。

 

来年もアトレ会場でお待ちしております*

 

他会場も、魅力たっぷりな出演者さんばかりのステージだったようですので、
ぜひそちらのレポートもご覧くださいね♪

 
140413-3atre-14

 

横浜セントラルタウンフェスティバル”Y155”ステージイベント ダンス出演者決定!! UPDATE:2014.4.25


【横浜セントラルタウンフェスティバル”Y155”出演者決定!!】

ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました!!

出演者は下記の通り決定しました!!

 

【5/31(土)】
*****************************************
MIO DANCE SCHOOL JAZZ class
MIO DANCE SCHOOL Kids class
FDN
AMUSE CHEERLEADERS
青山学院大学バトントワリング部Panthers

*****************************************
【6/1(日)】
*****************************************
Oriental Venus
DANCE JAM
ダンススクール本牧
下駄っぱーず
MOMJ
studio Freedom
G1★STAR
ハラウオカラー

*****************************************
出演者の皆さまには、別途メールにて出演者説明会のご案内を致しますので、今暫くお待ちください!!

 

*説明会会場変更のご案内
5/2(金)19時から開催する出演者説明会は「さくらWORKS」に変更となりました。
最寄り駅は、当初の予定だった会場と同じく関内駅となります。

詳しくは、個別にお送りする【出演者説明会の案内】をご覧下さい。

 

 

【私的音楽評】NO.221 福島セレクト1 担当:福島さん UPDATE:2014.4.24

私的音楽評 No.221 福島セレクト1
自己紹介を兼ねて少し長いけど「ヘビーローテーション創世記」

 

プロフ中

 

「創世記」、七日目に休日をつくったということしか覚えていない。
ん? なにか違うな…、安息日だ、安息日。昼と夜を区別したのが第一日。
大空を天と名づけたのが第二日…(紙幅がないので中略)、
全ての創造を休んだ第七日。それが週末の安息日だ。

 

 

思えば現役時代にはさまざまなスタート・アップに立ち会えた。
第一期の79年に江の島で大型野外イベントJapanJamをやらせてもらい、
第二期の84年に自分の番組でビデオクリップという言葉を日本で最初に使い、
第三期の89年には音楽制作の子会社ミューコムを立ち上げ、
第四期の95年にビデオジャーナリスト職をつくり、
第五期の04年は地上デジタル化と社屋移転でてんてこ舞いし、
第六期の09年イマジン・ヨコハマを契機に苦手だった市民活動に首を突っ込むようになった。
そして、神が言ってくれたわけではなく、そろそろ休んでいいかなと思って12年に自ら退任を決意し、
第七期の安息日の現在という次第。

 

 

さて、編集長からは87年の12HOURS ALL-NIGHT OUTDOOR LIVE「BEATCHILD」について書けと言われたのだが、第三期の音楽制作のミューコム立ち上げ前に、評論家や音楽関係者に誘われて確かに阿蘇まで行っている。
しかし、やたらと寒く、びしょ濡れになったことだけしか記憶になく、
昨年の映画公開で「ステージはそうだったんだ」というのが正直なところ。

 

 

豪雨でギターアンプが壊れ、モニターの音を失っても歌いきった白井貴子の「CHANCE!」、
スライダーズのハリーの飄々とした「あのコはとくべつさぁ」が耳に残る「Special Woman」、
ピンスポの逆光でCGのように見える雨脚の中、舞台にキスをする尾崎豊がもの悲しい「Driving All Night」、
中でもヘビーローテーションを思い出させてくれた、新人THE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」が印象的だ。

 

bluehearts

 

https://www.youtube.com/watch?v=PoMd3vrAOgc

 

 

ここの事務所の社長からの提案でtvkは日本で最初にヘビーローテーションを実践した局になった。
アメリカのラジオ局で生まれたこの集中豪雨的にレコードをかけるという手法、
日本でもそれまではAMやFM局でしか宣伝ツールになっていなかったのが、テレビでもできるという認識に変わった瞬間だ。

 

 

このあとヘビーローテーションはレコードメーカーやアーティストの事務所にとってプロモーションの必須ツールとなり、
CD発売のCM出稿をともなってずいぶん使われ、tvkの音楽番組の貴重な収入源になっていく。

 

 

今後も折に触れて、私のそれぞれの期に関連した創世記を紹介していくのでよろしゅう。

 

余談:吉本ばななの「パイナツプリン」に
「私が素人衆だった最後の数か月を最高にしてくれたのはブルーハーツだった。
新宿のテイトムセンにはり出してあった歌詞を見たのが最初だったろうか。
ミュートマJAPANだったろうか」
と書いてくれてうれしかったのを思い出した。

 

 

【レポート】4月13日(日)アジア交流音楽祭交流ステージ「ラ・チッタデッラ」会場2日目 UPDATE:2014.4.23

みなさん、こんにちは!!アークシップスタッフの八木です。
アジア交流音楽祭交流ステージ「ラチッタデッラ会場」2日目のレポートは私がお送りします。

 

IMG_3093

 

アジア交流音楽祭とは…1日目のレポートをしてくれたクロちゃんも話していたとおり、
日本はもちろん、中国・韓国・モンゴル・ベトナム・ネパール……などなど、
アジア圏の音楽を2日間でめいっぱい楽しもうというイベントなのです。

 

IMG_3155

 

10151916_632644780151144_894807083951553273_n

 

2日目もお天気に恵まれ、相沢志野さんのMCでスタートしました。

 


IMG_3086

 

IMG_3130

 

IMG_3140

 

IMG_3160

 

メンバー11人で奏でる演奏の“ゆるぎ”
1人で優雅に歌を披露してくれた“金恵娟”さん
“チョンケグリ”の演奏は、チン・チャング・プク・ケンガリを使ったサムルノリ
この日のために結成して、多摩川の土手で6時間の練習をしてきた
寂空ーJACKー×KIKUのふたり
常連でもあるアドゥンさんの今年のセッションは、琴演奏者の望月あさこさんでした。

 

この2年間は雨で中止になり、やっと演奏出来た“イチャリバーズ”とラストを飾ってくれた“スージーズ”は会場と一体になって、まるで沖縄のようでした。

 

アジア諸国、韓国、中国、タイの民族音楽と沖縄ポップス、邦楽とロックのセッションなどが繰り広げられました。
映画館の前の会場と言うことで、小さなお子さんを連れたファミリーも足を止めてくれたり、
屋台村で買った料理を食べながら音楽を楽しむ方などで、終始会場は盛り上がりました。

 

IMG_3113

 
IMG_3106

 

以上、いかがでしたか??川崎市周辺ではアジアの音楽、食べ物で盛り上がった2日間でした。
それではまたどこかでお会いしましょう☆

 

【レポート】4月12日(土)アジア交流音楽祭交流ステージ「ラ・チッタデッラ」会場1日目 UPDATE:2014.4.23

IMG_1134

 

こんにちは!
アークシップスタッフの大黒です。

 

140412-1citta-10

 

今日は「音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭」の様子をレポートします。

 

今年で10年目を迎える「アジア交流音楽祭」は、日本はもちろん、中国・韓国・モンゴル・ベトナム・ネパール……などなど、
アジア圏の文化を2日間で味わいつくしてしまおう!という贅沢なイベントです。
同時開催の「かわさき アジアンフェスタ」ではたくさんの屋台が出て、心もお腹もいっぱいになれちゃうんです。

 

IMG_1150

 

 

アークシップでは毎年、交流ステージという観覧無料のライブをお手伝いしています。
私が会場スタッフを担当した「ラ・チッタデッラ」会場は、
さわやかな天気の下、個性豊かなステージにたくさんのお客様が集まっていました。

 

 

140412-1citta-21

 

この2年間はなかなか天気に恵まれなかったのですが、今年はよく晴れて最高のロケーションでした!

 

IMG_1169

 

IMG_1156

 

 

ネパールの踊りのミニレッスンも行われたり、
ヤドカというモンゴルの伝統楽器の演奏もあり、
1日中見ていてもずっと楽しいそして飽きさせない、音楽祭でしたよ!!

 

IMG_1177

 

IMG_1163

 

 

「ラ・チッタデッラ」会場、1日目はいかがでしたか?
もっと気になった方は他の会場のレポートものぞいてみてくださいね♪

 

IMG_1175

 

それではまたどこかのステージでお会いしましょう!

 

IMG_1178

 

 

 

 

 

【今日の1枚】おとバン86 春のおとバンまつり@戸塚 開催しました!! UPDATE:2014.4.21

4月20日(日)戸塚駅東口ペデストリアンデッキにておとバン初の野外ライブ「春のおとバンまつり@戸塚」を開催しました!!

寒い中足を運んで下さり盛り上げて下さった皆さんのおかげで、とても楽しいステージになりました!!

ありがとうございました!!

image-3

私的音楽評No.220 ニシセレクト57 UPDATE:2014.4.17

私的音楽評No.220 ニシセレクト57

 

元気です

 

いまや、ただのお爺ちゃんになった気配の吉田拓郎さん。
大昔はね、俺が中学生だった頃はね、時代の風雲児だったのよ。
ちょうど反抗期だった中学生は、そりゃ影響を受けました。

 

どんなに大ヒットを飛ばそうと「テレビには出ない」
紅白歌合戦からオファーがきたら「持ち時間20分ください」
レコード大賞受賞式にはタキシードではなく、
デニムとダンガリーシャツで登場。

 

いまでは当たり前になった、全国コンサートツアーも
吉田さんが日本ではじめておこなった。
いまでは当たり前になった、ミュージシャンの会社設立も
吉田さんのフォーライフがはしりだ。

 

生き方がかっこよかったのだ。
世の中で大人たちが決めつけていた事を、次々に刷新した。
その時代のシンガー・ソングライターのしがらみを
大胆に断ち切り、大海に飛び出した。

 

そして、
音楽的には…実は….たいしたことはしていなかった。
フアンには殴られるかもしれないが、たいしたことはしていない。
でも、そこが中高生のハートつかんだ。
「ポップミュージックは気ままでいいんだよ」
そういうメッセージが楽曲にあった。
つまり、パンクだったんだ。

 

今回紹介する歌は、オリコントップチャートに二年間君臨した
アルバム“元気です”に納められています。
当時、音楽の担当教師が「これは作曲とは言わない」と言い捨てた歌です。
笑っちゃうよ。聴いてみてね。

 

馬/吉田拓郎(1972年)
http://www.youtube.com/watch?v=2z9yfJG3vhw

 

追記:今の中高生にとって、時代の風雲児っているのだろうか?

 

【今日の1枚】14.04.12-13 アジア交流音楽祭2014開催しました!! UPDATE:2014.4.13

第10回目となるアジア交流音楽祭、今年はやっと太陽が味方してくれました!!

年々バージョンアップしていくこのイベント。今年も素晴らしいステージでした♪

ご来場者くださったみなさんありがとうございました!!

image-2

【私的音楽評】 NO,219 五十嵐セレクト 61 UPDATE:2014.4.10

 

 

 

自分は普段自転車で移動しているので、
移動中は本を読めないし、音楽も聴けない。

 

 

でも、移動中は、自然の移ろいや街の変わりゆく様が
身近に感じられるので退屈はしない。

 

 

横浜(特に都心部)は、ちょろっと移動する度に
街の風景(by尾崎豊)がコロコロ変わるところが面白い

 

 

さほど長くはないもののそれぞれの街に歴史が有り、
いろいろな出来事があり、様々な人間がいて、たくさんの
イベントがあったはずだ。昼も夜も。

 

 

そんなことを考えながら街を移動するのは、
とても楽しく、感傷的にもなる。

 

 

でも、雨が降ると電車で移動することになる。
自然とテンションが下がりがちになるので、
その時は音楽を聴く。

 

 

今日は、下がり気味なテンションを上げてくれる、
昔の日本のフュージョンミュージックを
3曲お届けします。

 

 

 

CHOPPERS BOOGIE / ティン・パン・アレイ

 

 

細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆の4名からなる
ある種のスーパーバンド、3枚のアルバムを残したが、
残念ながらはっぴいえんどに比べて評価は高くない。

 

 

この曲が収められているファーストアルバムは全10曲入りで、
4名それぞれが各2曲をプロデュースし、
残りの2曲を4人で制作するという変則的なものである。
この曲は林立夫の制作で、サディスティックスのメンバーと
スクール・バンドのメンバーが参加している豪華版である。

 

 

とにかく後藤次利のベースがいかしていて、
小学校6年の時に初めて聞いて以来、
かれこれ40年近く愛聴している曲です。

 

 

キャラメル・ママ
アルバムはこちら 「キャラメルママ」 / ティン・パン・アレイ

 

 

 

SHAKE YOUR HEAD / PRISM

 

 

彼らのセカンドアルバムから。
森園勝敏がいたころで、和田アキラとの
ツインギター編成のときのもの。

 

 

このアルバムには、村上“ポンタ”秀一が加わった
豪快な長尺曲 “Beneath the Sea” も入っていて、
なかなかの力作に仕上がっている。

 

 

ホーンセクションも加わったこの曲は、
鮮やかなキーボードのフレーズを挟みつつ、
印象的なフレーズがちりばめられた
いい曲だとおもいます。

 

 

SECOND THOUGHTS : SECOND MOVE
アルバムはこちら 「SECOND THOUGHTS / SECOND MOVE」 / PRISM

 

 

SPLASH / 渡辺香津美

 

 

彼が“MOBO”ブランドでアルバムを出していたころ。
中でもこの曲が収められた「MOBO SPLASH」は
コンパクトな曲が多く入っていて聞きやすいです。

 

 

村上“ポンタ”秀一と Gregg Lee のトリオによる
この曲はポンタさんの独特の譜割感が、彼のソロパートの時に
存分に味わえる作品です。

 

 

それにしてもポンタさんのドラムは映えるなー
格好いい!!

 

 

MOBO SPLASH

アルバムはこちら 「MOBO SPLASH」 / 渡辺香津美

 

 

それじゃあ。また

 

 

【私的音楽評】 NO,218「深夜番組:寺内ヘンドリックス」担当:長谷川 UPDATE:2014.4.3

open

 

ここ最近本当にテレビを見なくなった。
たまに早く自宅に戻ってテレビを付けても、面白いと思えない。

 

自分が大人になったのか、それともテレビがつまらなくなったのか。

 

テレビに限ったことではないが、やはり「偏る」というのうは大事だなと
最近つくづく思う。しかしながら、平均的なことを多くの人が望むのも事実で
そのさじ加減が難しい。

 

 

 

おかげさまでアークシップは4月で13年度目に入った。
我々は「音楽」に特化したことがここまで続けられた要因の一つだろう。
それ以外にも色々理由はあるが、それはまた別の機会に話すとして・・・

 

 

 

話を「偏る」と「テレビ」の話に戻そう。

 

1993年頃、フジテレビの深夜番組「寺内ヘンドリックス」という番組を知っている人はいるだろうか・・・

 

 

その昔ギターリストだけが楽しめる、シュールな番組だったなぁ。

 

コーナー名を列挙してみよう・・・・

*******************************************************

・白井良明のギター番長
・たまたま通りかかった人がそのギターを弾く様子を映すだけという『街角ギター』
・ムーンライダース成毛滋のギター講座(普通の講座ではありません・・・)
・ローディ対決「どちらが弦を早くまけるか」
・ギター異種格闘技〜アリと猪木〜(ギターの即興音楽とダンスの即興が対決するなど)
・ギター兄弟対決「エド山口とモト冬木」
・今週の君が代(いろいろなアーティストが思い思いに君が代をギター1本で演奏する)
・「一億二千万総ギタリスト化計画」ってコーナーもあって、エド山口がzo-3持って街に出かけるコーナーもあったな。

*******************************************************

 

まぁ、とにかく番組は「まじめにふざけて」いるんだ。

 

 

どちらかというとエレキギターが番組のメインだったが、
今思い返してみると「エレキギターの可能性を拡げよう」という意識が
番組側にあったんじゃないかな・・・・いや、そうであってほしい。

 

 

大笑いはないけど「くすっ」って笑えて、なんかハッピーになれる
番組だった。

 

 

ギターリスト限定だけど。

 

 

「人のリフみて我がリフ直せ」って、名コピーだよね。

 

 

ギターリスト限定だけど。

 

 

イベントでこういう「まじめにふざける」的な事が出来たら、今音楽に興味が無い人にも楽しんでもらえる
音楽イベントが出来そうな気がする。

 

そんなイベント創りを目指していこう。

 

 

 

ちなみにテーマ曲は、「10番街の殺人」でした。

覚えている人いるかなぁ〜〜〜

 

▼奇跡的に番組の内容をまとMているブログがあったので、是非ご覧下さい。
http://joy.masa-mune.jp/terahen/index.htm

 

 

【レポート】3月29日よこはま大さん橋フェスタ2014  UPDATE:2014.4.2

大さん橋ー1

 

こんにちは!アークシップスタッフのフクヤマです。
3/29,30日に横浜の開催された、
「よこはま大さん橋フェスタ2014」の1日目の様子をレポートします。

 

 

「よこはま大さん橋フェスタ2014」とは、鉄桟橋竣工120周年を記念して大さん橋ホールで開催され、
ワークショップや体験コーナー、パネル展、記念フォーラムなどを通じて大さん橋の魅力と歴史を改めて共有しようというイベントです。
その中で今回NPO法人アークシップは、メインステージの運営を担当しました。

 

大さん橋②ー6

 

1日目の29日は暖かくて気持ちのいい天気でした。
ホールの奥側は一面ガラス張りになっていて、中にいても穏やかな横浜の港が一望できました。

 

10013937_625882250827397_1707621475_n

 

1509762_625882480827374_555034654_n

 

大さん橋ー7

 

会場の大さん橋ホールの広々とした空間にはたくさんのコーナーや展示が集まっていました。
今回のイベントでは小さいお子さんでも楽しめるワークショップが数多く用意されていて、
ご家族でゆっくり見て楽しんでいる方が多かったように思います。

 

大さん橋ー6

 

大さん橋②ー7

 

そしてこの日メインステージに出演して下さったのは、
スチールパンを使ったオーケストラの「PANLAND Steel Orchestra」さん、
中学生の姉と小学生の弟のジャズユニットの「サファリパークDUO」さん、
指と弓を駆使して奏でるヴィオリラという楽器を演奏する「ヴィオリラレインボウ」さん、
幅広い年齢層のゴスペルグループ「横浜青葉ゴスペルクワイヤ」さんの4組です。

 

お客さんはリラックスしながらも、時に手拍子でノったり
中には一緒に盛り上がってくれるブースのスタッフさんもいました!)して、演奏を聴いていました。

 

大さん橋ー4

 

大さん橋ー5

 

 

 

大さん橋②ー5

 

 

終始和やかでアットホームな雰囲気の中、よこはま大さん橋フェス1日目は終了しました。
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!

 

大さん橋ー2

 

 

トップページ » アークシップブログ

PAGE TOP