人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP アークシップブログ

アークシップブログ

【レポート】3月24日(日)「森・水・音楽 in宮ヶ瀬」ライブレポート
更新日:2013.3.31

【今日の1枚】Pacific Studioグランドオープンに向けて、新機材が届きました!!
更新日:2013.3.29

【レポート】3月20日三崎音楽空間《三崎公園会場》
更新日:2013.3.29

【レポート】3月20日三崎音楽空間《うらり会場》
更新日:2013.3.28

【今日の一枚】3/23(金)おとバン75開催!!
更新日:2013.3.28

【アークシップ通信】今年度の事業は全て終了しました!!
更新日:2013.3.28

《おとバン75》開催しました。たくさんのご来場ありがとうございました!!
更新日:2013.3.28

【私的音楽評】NO.181 あっちゃんセレクト1 担当:あっちゃん
更新日:2013.3.28

【今日の一枚】3月20日にまちごとカルチャー@三崎が開催されました!!
更新日:2013.3.22

【私的音楽評】 No.180ニシセレクト48
更新日:2013.3.21

白井貴子さんと清川村KIDS SONG
更新日:2013.3.19

【今日の一枚】作戦会議後に、ぐっちさんと竹越さんのお誕生日をお祝いしました♪
更新日:2013.3.19

3月16日(土)今年度最後の作戦会議を開催しました!!
更新日:2013.3.19

【開催情報】アークシップ理事の増淵さんのトークイベントです
更新日:2013.3.18

【私的音楽評】NO,179 五十嵐セレクト49
更新日:2013.3.14

【レポート】3月9日竹伐採などワークショップレポート
更新日:2013.3.11

今日の1枚
更新日:2013.3.9

【私的音楽評】NO,178「TRADROCK/Char」担当:長谷川
更新日:2013.3.7

【レポート】3月24日(日)「森・水・音楽 in宮ヶ瀬」ライブレポート UPDATE:2013.3.31

こんにちは!

アークシップメンバーのあつこです(*^o^*)

今回は3月24日に行われた『森・水・音楽 in宮ヶ瀬』というイベントのレポートをしたいと思います!

森・水・音楽 in 宮ヶ瀬

 

 

 

横浜から車で1時間半、愛甲郡清川村の宮ヶ瀬湖畔園地にて、
この地初めての試みである音楽イベントが行われました。

見渡す限り自然!山!森!

 

 

130324宮ヶ瀬_会場2

 

 

 

 

130324宮ヶ瀬_スタッフ2

 

 

 

 

 

 

130324宮ヶ瀬_スタッフ4

 

 

壮大なロケーションの中で、野外音楽ライブと竹の水笛作りワークショップが開催されました。

 

 

音楽ライブのオープニングアクトは
ウクレレとカホンのユニット、サニカ

 

130324宮ヶ瀬_サニカ2

 

 

130324宮ヶ瀬_サニカ1

 

 

 

 

 

優しい音色で癒されました。
ワークショップで作った水笛をお客さんと一緒に演奏しました。

130324宮ヶ瀬_水笛

 

 

 

そして、白井貴子さん。

130324宮ヶ瀬_白井貴子1 130324宮ヶ瀬_白井貴子2

 

 

圧巻の歌声でした。

宮ヶ瀬の子供たちのために作ってくださった曲も披露してくださいました。

 

 

130324宮ヶ瀬_白井貴子4

 

130324宮ヶ瀬_白井貴子3

 

 

 

竹の水笛作りワークショップはNPO法人「竹ファンクラブ」との協力事業でした。

130324宮ヶ瀬_竹WS

 

 

130324宮ヶ瀬_竹の楽器

 

130324宮ヶ瀬_竹

 

 

 

アークシップとしても、神奈川県の北部でのイベントは初めてでした!

空気が綺麗で、とても良い所でした!
来年以降もぜひ続いてほしいイベントです。

出演者、来てくださった方々、竹ファンクラブの皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

【今日の1枚】Pacific Studioグランドオープンに向けて、新機材が届きました!! UPDATE:2013.3.29

こんにちは!
事務局スタッフのまみです♪
 
アークシップが昨年11月より運営している「Pacific Studio」。
いよいよ、2013年4月1日にグランドオープンとなります!!
 
昨日、グランドオープンに向けて発注していた機材が届きました!!
 
この機材たちがたくさんの人達に使って頂けるように、
グランドオープンに向けて、スタッフ一同只今着々と準備を進めています!!
 
人と人をつなぐ、あたたかいスタジオにしていけたらなと思っています♪
 
皆さまこれからも、アークシップ並びにPacific Studioをよろしくお願い致します!!
 
スタジオ機材_1
 

【レポート】3月20日三崎音楽空間《三崎公園会場》 UPDATE:2013.3.29

こんにちは!ARCSHIPスタッフの坂口です。

 

今回は、3月20日に行われた三崎音楽空間のライブレポートです!

 

僕が担当したのは三崎公園会場!

130320まちカル_三崎公園会場

目の前に海が広がる会場で、潮風に乗って海の匂いが漂ってきます。

 

バス停の前の広場という事もあり、人通りが絶えません。

130320まちカル_公園会場

そんな会場で、本日は個性あふれる7組のアーティストの方々が演奏を行ってくださいました!

 

まず、最初の出演者は…

 

12:00~E-Blue

130320まちカル_出演者公園1-2

ロックなギターに、力強いボーカルの歌声がとても印象的でした!

一組目にふさわしいパワフルな演奏で、会場の空気を盛り上げてくれました!

 

12:30~Good Vibrations

130320まちカル_出演者2-2

総勢11人の合唱ユニット!ギター、キーボード、タンバリンのさわやかな演奏に合わせた元気な合唱が印象的でした!

誰もが一度は聞いたことがある名曲の数々をアレンジし、たくさんの方が足を止めて聴き入っていました!

 

13:30~福島照代

130320まちカル_出演者公園3-2

これまでの3組とは打って変わって、「クリスタルボウル」という楽器で会場全体を神秘的な空気に包みました!

初めてこの楽器の演奏を聴きましたが、美しい音色に驚かされました!

 

13:30~フロッグスリープ

130320まちカル_出演者公園4-2

ウクレレに乗せて名曲の数々を演奏してくださいました。

美しい歌声に思わず感動しました!

 

14:00~カラフルリップス

130320まちカル_出演者公園5-2

個性的な衣装で、バス停に並んでいる人たちの視線を釘付けにしていました!

パワフルなダンス、歌、MCで会場に熱を注ぎ込みました!

 

14:30~宍戸一賀

130320まちカル_出演者公園6-2

アコギと歌だけのストレートで力強い演奏でした!

演奏した曲全てが海にまつわる曲で、今回の会場の雰囲気にピッタリでした!

 

15:00~MARIKA

130320まちカル_出演者公園7-2

ギター、ボーカル、そして最後にはフルートも加わり最後の一組にふさわしい哀愁漂う演奏で会場を締めくくってくれました!

 

 

 

あまり大きな会場ではなかったのにもかかわらず、たくさんの道行く人が足を止めて演奏を聴いてくださいました。

今回が初めてのイベントスタッフ経験でしたが、一日で様々なジャンルの音楽に触れることができて、僕自身このイベントをとても楽しむことができました!

130320まちカル_公園会場2

以上、三崎音楽空間、三崎公園会場からのレポートでした!

 

【レポート】3月20日三崎音楽空間《うらり会場》 UPDATE:2013.3.28

こんにちは!スタッフのまみです♪

130320まちカル_司会うらり

最近、家までの道を歩いていると、

桜がたくさん咲いていて、

思わず見とれてしまいます…( 〃▽〃)

もう春ですね♪

 

 

さて、今回は、3月20日(水・祝)に三浦市にて開催されました

「三崎音楽空間 うらり会場」のレポートをお送りします。

130320まちカル_会場urari

三浦市にも、あたたかい春が訪れていましたよ♪

 

 

「三崎音楽空間」は、「まちごとカルチャー@三崎」の中のひとつのイベントで、

様々なジャンルの音楽を楽しむことができる、観覧無料のコンサートです。

 

 

うらり会場は、キレイな海を眺められる、絶好のロケーションです。

130320まちカル_うらり会場

朝は天候が心配されましたが、

本番が近付くにつれて、お日様が顔を出してくれました!

 

そんな、日差しがあたたかく、風が心地よい空間の中、

今回演奏してくださったのは・・・

 

 

 

1組目 三線フォークデュオ 幸野夫妻

 

130320まちカル_出演者うらり1-2

 

 

 

2組目 花子Baby’s

130320まちカル_会場うらり2
130320まちカル_出演者うらり2-1

 

 

 

3組目   デュオ大口商店街

130320まちカル_出演者3-1
130320まちカル_出演者3-2

 

 

 

4組目 TENUTO

130320まちカル_出演者うらり4-2
130320まちカル_うらり出演者4

 

 

 

5組目   純国産ボイス

 

130320まちカル_出演者うらり5-1
130320まちカル_出演者うらり5-2

 

 

 

6組目 偽YMO

 

130320まちカル_出演者うらり6-2
130320まちカル_出演者うらり6-3

 

 

 

7組目    山路善広

130320まちカル_出演者うらり7-2
130320まちカル_出演者うらり7-1

 

 

 

8組目 Singer haru

130320まちカル_出演者うらり8-1
130320まちカル_うらり出演者8

以上のみなさんでした☆

 

 

ずっと客席に座って見てくださるお客さん、

ふらりと立ち寄って、手拍子をしてくださるお客さん・・・

 

三浦のゆったりとぬくもりのある雰囲気の中、

お客さんの笑顔とうきうき感が伝わってきました。

優しい時間のながれる、素敵なイベントとなりました。

 

たくさんのご来場ありがとうございました!!

130320まちカル_うらりお客さん

今回で、「三崎音楽空間」は終了となります。

ゆったりとした中に確かにある、人や自然のあたたかさが大好きでした。

 

また三浦のみなさんにお会いできる日が来ることを心より願っています。

ありがとうございました!!

 

 

【今日の一枚】3/23(金)おとバン75開催!! UPDATE:2013.3.28

こんにちは!

事務局スタッフのあつこです。

去る3月23日に社会人による社会人のためのライブイベント「おとバン」第75回が開催されました♪

今回も大盛り上がりでした!!

社会人になっても好きなことを存分に楽しんでいる皆さん・・・
私もそんなオトナになりたいです(*^_^*)おとバン75集合写真

【アークシップ通信】今年度の事業は全て終了しました!! UPDATE:2013.3.28

3月24日に開催されました「水のさと かながわ 森・水・音楽in宮ヶ瀬」の開催終了を持って

アークシップの今年度の事業は全て終了いたしました。

今年度もたくさんのご来場ありがとうございました。

 

来年度も「人を、街を、音楽でつなぐ市民団体」として活動していきますのでよろしくお願いします!!

事業は終了しましたが、ライブレポートは続々アップしていきますので

お楽しみにね☆

 

29024_442042812543658_2054119876_n

《おとバン75》開催しました。たくさんのご来場ありがとうございました!! UPDATE:2013.3.28

みなさん、こんにちは。ブログ編集長のまっしゅです。

3月23日(土)に新横浜ベルズで【おとバン75】を開催しました。

 

回を重ねるごとに盛り上がりを見せているおとバン。

今回もかなり盛り上がったみたいですよ。

 

おとバンのHPの方ではライブレポや当日のライブの様子を動画でアップしておりますので、

ぜひそちらの方もご覧くださいね!!

 

おとバンHP

 

20130325151137731s

【私的音楽評】NO.181 あっちゃんセレクト1 担当:あっちゃん UPDATE:2013.3.28

こんにちは、

元なでしこインターンのあつこです!

今回初めて音楽評を担当させていただくことになりました!

よろしくお願いします><

今回私が紹介する一曲はこちら!

サカナクション「アイデンティティ」

ともかく歌詞が深いんです。

 

61mAeHYk7yL._SL500_AA300_

 

 

****************

アイデンティティがない 生まれない らららら
アイデンティティがない 生まれない らららら

 

好きな服はなんですか?好きな本は?好きな食べ物は何?

そう そんな物差しを持ち合わせてる僕は凡人だ

 

 

映し鏡 ショーウインドー 隣の人と自分を見比べる
そう それが真っ当と思い込んで生きてた

 

 

どうして 今になって 今になって そう僕は考えたんだろう?
どうして まだ見えない 自分らしさってやつに 朝は来るのか?

 

アイデンティティがない 生まれない らららら
アイデンティティがない 生まれない らららら

 

風を待った女の子 濡れたシャツは今朝の雨のせいです
そう 過去の出来事 あか抜けてない僕の思い出だ

 

取りこぼした十代の思い出とかを掘り起こして気づいた
これが純粋な自分らしさと気づいた

 

どうして 時が経って 時が経って そう僕は気がついたんだろう?
どうして 見えなかった自分らしさってやつが 解りはじめた

 

どうしても叫びたくて 叫びたくて 僕は泣いているんだよ
どうしても気づきたくて 僕は泣いているんだよ

*****************

 

自分が悩んでいたときに、より深みにはまらせて…いや、大事なことに気づかせてくれた曲でした。

自分は自分らしく…ですね。
うーん、一番難しい。。

サカナクションは名曲ばかりなので、これを機に皆さんにも聴いてみてもらいたいです♪

くうー!イントロからかっこいい。

 

【今日の一枚】3月20日にまちごとカルチャー@三崎が開催されました!! UPDATE:2013.3.22

皆さんこんばんは!
 
事務局スタッフのあつこです。
 
先日3月20日(水)に三崎にて
『まちごとカルチャー@三崎』というイベントが行われました。
 
アークシップはこのイベントの中の
『三崎音楽空間』という音楽イベントと
『手作り作品市』という創作品の販売会の運営お手伝いをしています。
 
お天気も良く、海風に吹かれながらの清々しいイベントでした!
 
祝日ということでお客さんの通りも多く、
たくさんの方に楽しんで頂けたのではないかと思います♪
 
お越し下さった皆さん、出演者・出展者の皆さん
ありがとうございました(^o^)!!

130320まちカル_会場1

【私的音楽評】 No.180ニシセレクト48 UPDATE:2013.3.21

お見合い写真



むかし“結婚のための”お見合いをしたことがある。

親戚の叔母ちゃんがお見合い写真を送ってきてというよくあるパターンだった。

お見合い相手の悪口を言う気はないのだが、

気立ても良くて美人なのに

「まいったなあ」と感じてしまう女性が何人かいた。

何かに夢中になった経験がない人が僕は苦手だった。

日々の楽しみとか喜びが会話の中に見えない人が僕は苦手だった。

これは好みの問題。相手の女性が悪いのではない。

ただ、「それって何かの役に立つのですか?」と

返されてしまうとね。

 

一方で「この人いいなあ」と感じる女性もいた。

彼女はコーヒーカップの紙のコースターを取り上げて

「たぶん杉の皮を使っています、これ」と言った。

聞けば高校時代に書道部だったこともあり、

和紙が好きで、紙すきもしているとのこと。

「木の皮を使うと色も濃くて水をはじくんです」

「あっ表裏の手触りが違う!コレすごいすごい!」

コースターを手に取り目を輝かす彼女は素敵だった。

ふつうお見合いの席では、

仕事や両親のこと、子どもが好き嫌いの話題で終始するが、

その日、彼女は和紙そして和洋の色合いについて熱く語り、

お返しに僕はロックンロールと忌野清志郎の話しをした。

おかげで僕は和紙に興味を持ち

一週間後に榛原の便箋(ブランド品)を伊東屋で購入した。

彼女は地元福岡でRCサクセションのラプソディを買った。

 

和紙について、ロックンロールについて、

たとえばボールペンについてでも、

凝っても詳しくなっても資格をいただけるわけではない。

つまり“効率的な人生プラン”においては無駄かもしれない。

でもその無駄が人間の面白みをつくるのではないだろうか。

 

杉原徹_ゴロワーズ

 

 

♪そうさ何かに凝らなくてはだめだ

♪狂ったように凝れば凝るほど

♪君は一人の人間として、幸せな道を歩いているだろう

さすがムッシュかまやつ。お洒落で粋な歌を40年前に書いている。

『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』

今回は杉原徹さんのアコースティックバージョンで聴いていただきたい。

 

 

 

 

 

白井貴子さんと清川村KIDS SONG UPDATE:2013.3.19

引き渡し式看板

神奈川県清川村せせらぎ館みどりホールにて
「清川村KIDS SONG」引渡し式を取材してきました。
清川村教育委員会の事業になぜアークシップが?
実はこの事業は白井貴子さんが清川村の子どもたちへ
“賛歌”を贈るプロジェクトなんです。

その出来立ての賛歌を3月24日の森・水・音楽in宮ヶ瀬で
披露していただけるとのことで、はせ参じた訳。
だって早く聴きたいではないですか!

 

その賛歌のタイトルは『みんなの未来』
メロディが伸びやかでハツラツとして、まさに“白井節”です。
歌詞にある「湖に浮かぶ 天空の森」には、
清川村の誇りが感じられて、
一方で、「ヤッホッホ!」の掛け声が、
子どもたちの笑顔にマッチしています。
3月24日清川村の宮ヶ瀬湖畔に響いたら、キマリます。
出来すぎのシーンでしょうね。きっと。

未来のために_合唱風景

 

 

それにしても立派な引渡し式でしたね。
村内の幼稚園、小学校、中学校の児童代表が揃い、
大矢清川村村長のごあいさつにはじまり、
白井さんと子ども達が『みんなの未来』を合唱。
CD引き渡しと花束贈呈。児童代表からの謝辞。
新聞各社も取材に訪れていて、ちょっと子ども達は緊張気味でしたね。

 

 

そうそう、『みんなの未来』をつくるために
白井さんは何度も清川村の幼稚園小中学校を訪問し、
子ども達からアイデアやたくさんの言葉をいただいたそうです。
なおかつ、アレンジバージョンがふたつある。
マーチ調とバラード調。メロディがイイからどちらも素晴らしい。

 

さてさて、3月24日の森・水・音楽in宮ヶ瀬では
どちらのバージョンを披露してくれるのか楽しみです。

みんなの未来_歌詞カード

【今日の一枚】作戦会議後に、ぐっちさんと竹越さんのお誕生日をお祝いしました♪ UPDATE:2013.3.19

こんばんは!
事務局スタッフの真実です(#^_^#)♪
 
3月16日(土)の作戦会議の後の親睦会で、
今月がお誕生日のぐっちさんと竹越さんを、みんなでお祝いしました〜♪
 
これからの親睦会では、毎回、お誕生月のスタッフさんを、
みんなでお祝いしていきます♪
 
ぐっちさん、竹越さん、
お誕生日おめでとうございます(*^▽^*)!!
 
20130316_1

3月16日(土)今年度最後の作戦会議を開催しました!! UPDATE:2013.3.19

 

こんにちは!
事務局スタッフの真実です(#^_^#)♪

 

最近やっとあたたかくなりましたね〜!
春が大好きな私は、毎日うきうきしています♪

 

さて、3月16日(土)に今年度最後の作戦会議が開かれました。
今回の作戦会議は、いつものホワイトキューブではなく、
8Fの事務所で、みんなで車座になって話し合いました!
 
20130316_2

 
また、今回から、当番制で、司会を行ったり、配布物を配る「作戦会議の日直制度」を設けたりと、
いつもとはひと味ちがう、新鮮な会議となりました♪

 
作戦会議のはじめは、スタッフ同士のアイスブレイクとなる毎回おなじみの自己紹介タイム。
今回は、運営班がテーマを決めました。
 
テーマは、
「子供のころの夢は?」
 
20130316_8

 
お花屋さんや、おもちゃ屋さん、バレリーナ、漫画家・・・などなど、
みなさんの子供時代のちょっとしたエピソードも聞きながら、
それぞれの子供のころの夢を語っていただきました(^^)
 
次回からは、その日の日直が決めていきます♪
楽しみですね♪
 
ここからは、企画会議に入ります。
 
ひとつめのお題は、『運営班からの報告、提案事項』。
アークシップ新運営体制の班のひとつに、「運営班」というチームがあります。
運営班の役割は、「スタッフ同士の横のつながりを密にすること」。
 
アークシップには、イベントだけでなく、作戦会議やお花見、BBQなど、
スタッフ同士が触れ合える場がたくさんあります。
そういった場を活かしつつ、さらにスタッフ同士の仲をより深めるためにはどうすればいいか・・・
運営班が行ったミーティングでの決定事項と、皆さんへの提案について、意見交換をしました。
 
20130316_4
 
作戦会議に「日直制」を取り入れることを提案したのも、運営班なんです。
これは、スタッフの参加意識、自己重要性を高めるため。
 
また、Facebookを、メンバー同士のコミュニケーションツールとして取り入れてみる!というのも、
新しい試みのひとつです。
お互いが無理なく、自然とつながっていけるために、
アークシップスタッフが、みんなで一緒にハッピーになれるように、
運営班は活動していきます!!!
 

続いてのお題は、『アークシップ新運営体制について』。
運営班の他にも、実施計画班、舞台計画班、当日運営班、広報班、渉外班、スタジオ班など、
各スタッフがそれぞれ役割を持っています。
これからは、ひとつひとつの事業に対して、班同士が連携を取りながら計画を進めていくことになります。
 
また、班の垣根を越えて、スタッフのだれもが気軽に意見や想いを伝えることが出来る・・・
そんな運営体制にするために、スタッフのチームワークが、とっても大切になっていくのです。
 
20130316_7
 
3つめのお題は、『ボールペンで幸せになろう!!について』。
 
11月よりアークシップが運営している「Pasific Studio」内の多目的スペース、「ホワイトキューブ」にて、
様々なワークショップを行っています。
アークシップスタッフの新運営体制で、初めて企画・運営をするのが
『ボールペンで幸せになろう!!』というワークショップです。
 
スタッフ同士が、「おもしろく、ハッピーを提供できる企画にする」ために、
話し合いをする度に、どんどん企画が磨かれていっています。
詳細については、後日お知らせしますので、お楽しみになさっていてください♪
 

最後の企画会議は、『アークシップ新イベント&ホッチポッチミュージックフェスティバルについて』。
数ヶ月後のイベントを成功させるために、スタッフは、この時期から、真剣に意見交換を重ねていきます。
 
お客さんにも、出演者の方々にも、そして、スタッフ自身も楽しめる、
そんな「オールハッピー」を提供するのが、アークシップのテーマなのです(*^▽^*)
 

今回の作戦会議は、距離が近いこともあり、
意見が活発にでるなど、とても温かい会議となりました♪
 
20130316_5
 
来年度も、アークシップは、新たな試みに挑戦しながら活動していきます!
みなさん、これからも、アークシップをどうぞよろしくお願い致します!!!
 

【開催情報】アークシップ理事の増淵さんのトークイベントです UPDATE:2013.3.18

 

皆様

 

アークシップ会員の五十嵐です。

 

この度、アークシップ理事の増淵さんが下記にてトークイベントを開催します。

 

路地裏の文化やサブカルチャーの歴史に関心のある方は、参加してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに自分が「聞き手」ですよ。
どんな展開になるのでしょうか…

 

=====================================================

 

【トークイベントタイトル】
★★ラボ図書環オーサートークVol.6 ー横浜の路地裏の未来について考える
「路地裏が文化を生む! 細街区とその界隈の変容」を巡って★★

 

【内容】
1960年代から70年代にはサブカルチャーを支え、クリエイターを育んでいた路地裏は、
バブル期の都市開発に押されながらも、いままた再創造されています。

 

昨今横浜でも、関内外周辺や吉田町、日ノ出町、黄金町、若葉町、裏横などで
アートを核としたコミュニティ再興の動きが見られるようになってきています。

 

今回のオーサートークでは、全国の路地裏をフィールドワークして、路地裏がもつコンテンツ創造の
可能性、地域振興の役割の再評価を行った『路地裏が文化を生む!:細街路とその界隈の変容』著者の
増淵敏之さんをお招きして、横浜の路地裏の今後の可能性について探ります。

 

【出演者】

増淵 敏之(法政大学大学院政策創造研究科教授、NPO法人アークシップ理事)

 

1957年、札幌市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。
ソニーミュージックエンタテインメントなどを経て、法政大学大学院政策創造研究科教授。
専攻は経済地理学・文化経済学。著書に『欲望の音楽』(法政大学出版局)、
『物語を旅するひとびと』『物語を旅するひとびとⅡ』(ともに彩流社)など。
人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人アークシップ(横浜市中区)の理事も務める。

 

(経歴)

1981年 明治大学文学部史学地理学科地理学専攻卒業

1981-08年 NTV映像センター、AIR-G’(FM北海道)、
東芝EMI、ソニー・ミュージックエンタテインメントにてコンテンツ制作に従事

2004年 法政大学大学院社会科学研究科政策科学専攻修了

2007年 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修了、博士(学術)取得

2007年 法政大学専門職大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授

2008年 より現職

 

コンテンツツーリズム、コンテンツによる地域ブランド形成、文化・芸術による地域振興、
伝統芸能の保存などを中心に研究を行う。フィールドは北海道、神奈川、千葉、石川など。

 

(著書)

• 『物語を旅するひとびと-コンテンツ・ツーリズムとは何か―』(彩流社、2010年)

• 『欲望の音楽―「趣味」の産業化プロセス―』(法政大学出版局、2010年)

• 『物語を旅するひとびとⅡ−「ご当地ソング」の歩き方―』(彩流社、2011年)

• 『路地裏が文化を生む!:細街路とその界隈の変容』(青弓社、2012年)

 

【聞き手】

五十嵐洋志(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 事務局、NPO法人アークシップ メンバー)

 

【開催日時】

3月22日(金)19時〜21時(予定)

 

【開催場所】

さくらWORKS<関内> 横浜市中区相生町3-61泰生ビル2階
TEL:045-663-9009

 

【入場料等】(飲み物1杯付き)

本を購入の場合:2,500円

購入しない場合:1,000円

(「路地裏が文化を生む」通常価格:1,680円 http://ow.ly/ieB5u )

 

【お申し込み】

Facebookのアカウントをお持ちの方はこちらから参加表明をお願いします。

アカウントをお持ちでない方は、info@yokohamalab.jp までご連絡ください。

 

多くの皆様の参加をお待ちしております!!

 

【私的音楽評】NO,179 五十嵐セレクト49 UPDATE:2013.3.14

 

 

3月から4月に掛けての季節が好きだ。

 

 

学生諸君にとっては、
春休みがあって学年がひとつ上になったり、
小学校6年生や中学校3年生や高校3年生や
(ほとんどの)大学4年生にとっては
新たなステージが待っていたりする。

 

 

社会人にとっても、人によっては
異動や昇格や昇級があるかもしれない。

 

 

しかも、それに伴って引越しをするかもしれない。

 

 

新たなご近所さんとのご対面が待っていたりする。

 

 

別れもあれば、新たな出会いもある時期である。

 

 

一年間のステータスをいったんチャラにできる
可能性のある時期でもある。

 

 

しかも、寒く長かった冬がそろそろ終わり、
ほんの少しづつ暖かさを感じる季節でもある。

 

 

個人的に3月にあったことで思い出すのは、
やはり大学を卒業した後、仲間と朝まで飲み明かしたことかな…

 

 

かなり昔の事だけれど、つい最近起こったことのようでもある。

 

 

ただ、この季節は花粉症の人にはつらいでしょうね…

 

 

ところで、たまたまなのですが、明日3月15日は、
独創的な3人のアーティストの誕生日なのです。

 

 

と、いうわけで今回は3月15日が誕生日の3人のミュージシャンを
取り上げてみました。

 

 

Baby Please Don’t Go / Lightnin’ Hopkins

 

Lightnin’ Hopkins は1912年生まれ。
若い頃は、放浪をしたり、様々な仕事をしていたとのこと。
ケンカが好きで刑務所にも入った事があるそうです。
それにしてもこの音楽スタイルは普遍的なものですね。

 

アルバムはこちら

 

Lightnin'!
LIGHTNIN’!

 

 

I Wanna Take You Higher / Sly & The Family Stone

 

Sylvester “Sly Stone” Stewart は1943年生まれ。
ちょっと前にも彼らの曲を取り上げたので憶えている方もいらっしゃるかも。
それにしてもこの曲をライブで演ると、“グルーブの効いたハードロック”みたいな感じである。

 

アルバムはまたまたこちら

 

Stand!
Stand!

 

 

Do Re Mi / Ry Cooder

 

Ry Cooder は1947年生まれ。
この曲は Woody Guthrie のカバー。
Flaco Jimenez のアコーディオンが素晴らしい。
アルトサックスとアコーディオンのユニゾンは
アメリカ南部の伝統音楽のローカルマナーの一つであります。

 

アルバムはこちら

 

Ry Cooder
Ry Cooder

 

 

それじゃ、また

 

 

【レポート】3月9日竹伐採などワークショップレポート UPDATE:2013.3.11

こんにちわ。アークシップ初心者の西岡です。
3/9(土)に、愛川町、中津川河畔で行われた竹林の間伐と野外料理という、日本の竹ファンクラブさんのイベントに参加させていただきました。
今回は、その模様をお伝えします。

アークシップとしては、3/24(日)に、宮ヶ瀬湖畔で行われる、森・水・音楽in宮ヶ瀬で実施する、水笛の部材の収集が一番の目的でした。

当日はとてもいい天気。
竹林の中の小路を降りて、川原に集合します。

 

IMG_001

 

 

受付を済ませ、ヘルメットとのこぎりを借用。のこぎりはベルトに通して、腰に装着します。

 

IMG_002

 

説明を受けて、いざ、竹林へ!

IMG_003

 

IMG_004

 

 

間伐する竹のこと、どうやって間伐するのかを丁寧に教えていただき、それぞれ思い思いに竹を切っていきます。
竹林は斜面で、足場が悪く、踏ん張りが利かないです。竹自体は意外と簡単に切れるんですけど…。

IMG_005

 

IMG_006

 

切った竹は、そのまま下に滑らせます。
一通り間伐したら、次は運搬。放り投げられた竹を、一箇所に集めます。

IMG_007

 

IMG_008

 

どっさり集められた竹は、その場で細かく砕いてチップにして、地面にまかれるそうです。

さて、この集めた竹から、24日に必要な部材を作成します。
それと平行して、竹の会の方々は、BBQのための箸や皿を作っていました。

IMG_009

 

IMG_010

IMG_011

 

 

そうこうしているうちに、BBQの時間です。
竹の会の奥様方が、用意してくださいました。
お皿も橋も、椅子も竹。
トン汁をすくうオタマも竹です。

IMG_012

 

IMG_013

 

IMG_014

 

IMG_015

 

おいしいお料理と、おいしいお酒。
竹の会の方々から、貴重なお話も聞けました。

IMG_016

IMG_017

 

最後は自己紹介を兼ねて、一人ずつ、ご挨拶をして終了。

あっという間でしたが、竹の間伐や貴重なお話をきかせていただき、普段できない経験をさせていただきました。
まだアークシップ初心者の私ですが、今回のようにあっという間に過ぎてしまうような素敵な時間と空間を提供できるように、今後、活動していきたいなと感じました。

 

そして、今回の竹伐採で作った水笛のワークショップも行う「森・水・音楽 in 宮ヶ瀬」にも是非お越し下さい!!!


宮ヶ瀬web広報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、予断ですが、竹の間伐にがんばりすぎて、靴底が行方不明になりました!

 

IMG_018

 

今日の1枚 UPDATE:2013.3.9

竹伐採のワークショップに参加中のはるかちゃん。DSC_5404

【私的音楽評】NO,178「TRADROCK/Char」担当:長谷川 UPDATE:2013.3.7

 

【TRADROCK/Char】

ZRTR-TB01_1

 

 

 

 

 

 

 

 

【バンド】というルーツを遡っていくと、やっぱり60年代というのがゴールになるんだろうなぁ、やっぱり。

それは、自分が好きなミュージシャンも同じであって、もちろんCharだってクラプトンを聴き、ジミヘンを聴き、ジェフベックを聴き、ツッペリンを聴き、一喜一憂していたのだと思うとなんだか嬉しい。

演奏するだけで無く「どんなところが格好いいと思っているのか?」をトークでじっくり聞けたらもっと嬉しい。

 

そんな番組が「TRADROCK(トラッドロック)」です。

Charがリスペクトしているミュージシャン6組をカバーしたアルバムを発売したのだが、それをベースにギターリストとしてクラプトンはどんな存在か?ジミーペイジのプロデューサーとしての素晴らしさは?などを答えている。

 

 

と、これ以上音楽的な事を書いても限界があるので、この番組を通じて全然違う角度で観てみると【クリスペプラーの質問】が素晴らしい。

 

ギターリスト同士の会話だと、どんどんマニアックになるし知識披露合戦になりがちだが、一歩引いたところで視聴者が面白いと思うラインを保ちながらCharの魅力を引き出している。

 

クリスペプラー自身が持っている「音楽の知識量」が凄い事もあり、回答に対するゆとりもあるし、Char自身が信頼しているのもよく分かる。

 

表には出てこないけど「画を描いている人」というのがやっぱり必要で、この番組のプロデューサーなりディレクターが素晴らしいということになるんだろうな。

 

「どんな材料を用意して、どう料理して、どう盛りつけるか?」みたいな視点を持つことはイベント作りについても重要なのは間違い無い。

 

それが出来るようになるためにも、色々な者を観て・感じて・考えないといけないのだが、いつになったらそこに行けるのでしょう・・・

 

https://www.youtube.com/watch?v=4cRmwlc1hEs

 

 

トップページ » アークシップブログ

PAGE TOP