人を、街を、音楽でつなぐ市民団体 NPO法人ARCSHIP アークシップブログ

アークシップブログ

【私的音楽評】NO.174 倉内セレクト1:担当倉内 UPDATE:2013.1.31

みなさん、こんにちは!!ブログ編集長のまっしゅです。

さて今回の音楽評は、来月に結婚式をあげますスタッフの優子さんの旦那さまに、

特別番外編として原稿をお願いしました。

結婚式はイベント…ってことでアークシップスタッフ総出で、

優子さんたちの結婚式をお手伝いさせて頂きます!!

なってったって、イベンターですからね☆

それでは早速、どうぞ〜!!

 

***************************************

 

 

はじめまして、作編曲家の倉内と申します。
6年前に湘南まちかど音楽祭に出演したのをきっかけに、
それ以降アークシップの方々には大変お世話になっております。

さて本題に入りましょう。
僕は仕事柄、最近の音楽を聴く事が多いのですが、
その中で見つけたお気に入りのナンバーがあります。
2011年発売のケツメイシ「バラード」です。

jacket

 

 

何が良いって、

 
とにかく良いんです(笑)
曲、歌、アレンジ、演奏どれをとっても美味しさ満点。

まず歌の飾らない感じがかえって心に響きます、
そして各トラック、
キックが太くて気持ち良い
左のアコギの音も良いです
弦セクションのアレンジ、プレイも最高に泣いてます。
そして最後の

 

 

 

ギターソロ

 
歌いすぎ、泣きすぎ、
堪らずもらい泣きっす。。
途中「おえっっうっ」て嗚咽が聞こえて来ます。
あ、それは自分のか

 

 

取り乱しました、すみません。。。
洗練されたアレンジで奥深さもある、良質なポップスだと思います。
さらにPVも最高にGJ!!なのです。

是非チェックみて下さい。
ちなみにこの曲の歌詞は不倫がテーマだそうですが、
皆さんは絶対にしてはいけませんよ!

大分形振り構わず書いてしまいましたが、
いかがでしたでしょうか?

駄文にお付き合い頂き有難うございます。
また皆さんにお会い出来るのを楽しみにしてます。
それでは。

※youtubeリンク

おとバン新年セッションを開催しました!!ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!! UPDATE:2013.1.28

こんばんは、アークシップの長谷川です!!

 

1/26(土)に東神奈川のライブバーJ★BACHUSにておとバン新年セッションを開催しました!!

約60名の来場を頂き、会場は最初から最後まで熱気に包まれました。

 

 

音楽でつながるって本当に楽しいですね。

 

 

おとバンは今年も社会人バンドマンのつながりの場となり、もっともっと楽しいバンドライフが過ごせるきっかけとなるように頑張りますので、今年もよろしくお願いします!!

おとバン新年セッション

【私的音楽評】No,173 ニシセレクト46 UPDATE:2013.1.24

【私的音楽評】No,173 ニシセレクト46

 

喝采

 

50年前に作られたという大島紬(着物)を間近で見たら

ため息が出ちゃいました。

同じく50年前に作られたスバル360(自動車)を眺めていたら

思わず唸っちゃいました。

どちらも作り手の“出来る限りの最高を目指す”が

込められているわけです。

「とりあえず、こんなもんで」ではなく、

「これに賭ける」の心意気が作品から伝わってくるのです。

昔がよかったなどと言う気はさらさらありませんが、

昔の人はスゴかったと心底思えるのです。

 

 

歌の世界にも、作り手の心意気が込められた作品があります。

ひとつ紹介します。

 

喝采/ちあきなおみ 作詞:吉田旺/作曲:中村泰士/編曲:高田弘

 

40年も前の歌謡曲です。

この歌の設定は

“死んだ恋人を思いながらステージで歌い続ける歌姫”です。

歌詞の構成が凝っていて、1番2番を通じて場面が転換します。

1番は、ステージ→駅→教会

2番は、教会→駅→ステージ

この複雑な場面転換を

たった18行の歌詞とメロディとリズムそして歌唱だけで聴く人に届けます。

情景がはっきりと画像となって表れるんです。

もうこれは一編の映画と言っていいでしょうね。

 

この時代、ドラマとのタイアップはもちろんのこと

プロモーションビデオなんて無いです。

歌を届ける手段も、テレビ、ラジオ、有線放送。

たぶん曲の長さも4分以内と決まっていたと思います。

そんな制約があっても、いや制約があったからこそ

「作品にすべてを込める」があります。

歌だけで勝負する。作り手の心意気です。

 

ちょいとそこいくお兄さんもお姉さんも

まあ一度聴いてみてくださいな。

温故知新。昔の人はスゴかったんです。

 

●喝采(1972年)/ちあきなおみ

 

 

※そこのお姉さん、コロッケのものまねを思い出しちゃだめよ。

 

【レポート】ワークショップ写真教室開催しました!! UPDATE:2013.1.22

 

こんにちは
アークシップスタッフの和田です

アークシップが運営するPacific Studioに併設されているレンタルスペースWhite Cubeで、写真教室が開催されるというので、私も参加しました♪

何を隠そう、つい最近、デジタル一眼レフを買ったばかりなんです!!
まだうまく使いこなせないでいる私のためかと思うほどのグッドタイミング!!

講師は「趣味の写塾」の川名マッキーさん。
元々はグラフィックデザイナーで
あの白井ヴィンセントくん(tvk.sakusakuの!)の生みの親でもあるそうで…。

 

川名マッキー
お話ぶりはとってもフランクで「マッキーって呼んでね、先生とか川名さんって言ったら帰っちゃうよ」なんて。
なのでここでも「マッキー」と呼ばせて頂きます♪

さて、今日の参加者は7名。

普段からこだわりの写真を求めてる人もいるし、なんとなく撮ってるとたまーに気に入ったのが撮れることも…という人もいるし…
持参したカメラも、ミラーレスあり、APSサイズの一眼あり、コンデジあり…と全部違う。

こんなにバラバラなメンバーだけど、マッキー、よろしくお願いします!

今日はまず一番の基本から、とのことで、「露出」「ISO値」「絞り」「シャッタースピード」といった言葉の説明から。

けっこうそういう人は多いと思うんだけど、自分のカメラでも数値の設定とかあまりこまめにしてなかったりしません?

だいたいその数字の意味もわかってなかったり、変なとこ操作しちゃったらマズイとか思ったりして。

例えば、マッキーに言われて、自分のカメラの絞りを最小にしてみたり最大にしてみたりしたんだけど、そうすると「ああーなるほどね〜」とその数値の意味が実感としてわかったり…とかしたんです。

 

 

 

774444_394096194017869_361508596_o

 

 

 

今のカメラって性能良くてとにかく撮れちゃうから、「そこそこで、まあいいか」ってなっちゃってたんですよね。

マッキーは、いい写真とか悪い写真とかという言葉を一度も使いませんでしたね。

暗かろうがボケてようが、自分が表現したいもの、自分の好みの仕上がりにするためのテクニックをいろいろ試してみると、楽しみが広がるよ♪と教えてくれたのです。

そして大切なのは構図。
目のつけどころ。

普通にみんなが見えているものを見えている通りに撮ったって、訴えるものはない。
感動も与えられない…!
そうですよねえ。

20130117_235540
カメラを操作しながらの講義のあとは、みんなで外に出て実際に撮影してみます。

メンバーの中に、永年大切に乗ってきた愛車を、今日手放すという人がいて、その話を聞いたマッキーが「じゃあ、みんなでその車を写そう」と提案。

72830_394097200684435_1514807211_n

 

syashin1
駐車場で、さっきの講義を思い出しながら、「普段の目」ではない構図にトライしてみたり、思いきり寄ったり、ピントの位置やホワイトバランスを変え たり、対象物を置いてみたり…と、きっとみんないつもだったらやってみないようなことにチャレンジして、シャッターをきっていました。

夕方の町並み、空、信号機…

syashin2

 

 

20130117_235618

 

それぞれの思いに沿う写真が、それぞれのカメラに
収まっていったはずです。

再びWhiteCubeに戻り、アークシップスタッフだからこその応用編へ。

そう、ライブ撮影についてです!
ライブ会場は暗い室内、色とりどりの照明、思い通りにならない足場など、いかにも撮影が難しそうですよね。
それに、ただ記録として残すのではなく臨場感も持たせたい。

 

379619_394097380684417_1159908503_n

 

 

 

そこで露出や構図をいろいろ試してみることがいっそう大切になるとのことでした。

デジタルの良さは、なにしろ撮った写真がその場ですぐ確認できること。
臆せず、大胆にまずシャッターを切ってみる。
すぐに見て、絞りやシャッタースピードなどを調整してみる…そうやって自分の気持ちに近づけていく…

写真を撮る環境は、その時どき、同じ状況であることは決してありません。
だからこそ、いろいろな場面でいろんな挑戦をしてみることが、少しでも自分の気持ちに近い写真を撮れるようになる唯一の道なんだなあと、思いました。

734133_394097040684451_507631819_n

最後にマッキーは、いろいろな写真をみることも大切だとアドバイスしてくれました。
そしてただ見るのではなく
「これ、好きだなあ」「いい写真だなあ」と思ったら、「なぜ、自分はこれをいいと思ったんだろう」「この写真のどこがいいのか」と突き詰めて考えること。
真似してみること。
そして誰かに見てもらうこと。

今日の講座タイトルは「みんなでカメラ小僧になっちゃおう!!」

参加したメンバーはきっと今までとはちょっと違う見方で、毎日の風景を見るようになってるかも!
何気ない瞬間をかけがえのないひとコマ、という目で見るようになったらいっぱしの「カメラ小僧」ですよね♪

今回参加できなかったメンバーのためにもう一度!とか、第2弾を!とか、欲張ってステップアップ講座を!とか、みんな「次」を期待しているようですよ。
私も賛成!!

それまでに、たくさん撮ろうね!

 

 

 

【今日の1枚】1/21 アクションポート高城さんと佐川さん UPDATE:2013.1.21

こんばんは、事務局スタッフの渡辺真実です!!

今日は、わたしがアークシップに参加するきっかけとなったNPOと学生をつなげるインターンを行っているNPO法人アクションポートの高城さんと佐川さんが来てくれました!!

来年もインターンでアークシップに参加してくれると嬉しいです!!

高城さん

【私的音楽評】No,172 五十嵐セレクト47 UPDATE:2013.1.17

 

 

皆様、こんにちは。

 

 

毎年のことながら、
「1月は長いな〜、正月三が日が遠い昔のことのように思えるな〜」
と、感じている五十嵐です。

 

 

1月15日、映画監督の大島渚さんが亡くなられました。

自分は沢山映画を見るような人間ではなく、

映画について一家言持っている訳でもないので、

彼の功績について多くを語ることは出来ないのだけれど、

彼の姿や言動をテレビ等で拝見する限りでは、

とても真面目で一本気な印象を持っていました。

 

 

いずれにしても残念です。ご冥福をお祈りします。

 

 

大島監督がメガホンを取った映画の中で、よく知られているものの一つに

「戦場のメリークリスマス」がありますよね。

 

 

この映画のキャスティングの意外性?については、

今更触れるまでもないとは思いますが、

主役級の David Bowie と坂本龍一以外にも、

いわゆるミュージシャンが何名か出演しています。

 

 

そこで、今回は大島監督を偲んで、

この映画に出演したミュージシャンの中から、

3名を取り上げてみました。

 

 

 

What In the World / David Bowie

 

俘虜となった陸軍少佐ジャック・セリアズ役で出演。

 

この曲は、あまり知られていないかも知れませんが、

Iggy Pop がコーラスをつけているせいか、独特の浮遊感があって、

とても好きな曲です。

 

アルバムはこちら、

low

Low / David Bowie

 

 

Differencia / 坂本龍一

 

日本軍俘虜収容所の所長の陸軍大尉ヨノイ役で出演。

 

YMO結成後のソロアルバムの1曲目。

大ヒット作の「Solid State Survivor」の

後のアルバムにしては、実験作だったのでちょっとビックリ。

でも、この曲が入ったアルバムは、いわゆる後のニューウェイブ〜アバンギャルド〜テクノ

という流れを見るにつけ、とっても影響力があった一枚だと思います。

 

アルバムはこちら、

B-2 Unit

B-2 UNIT / 坂本龍一

 

 

BANG! / 三上寛

 

イトウ憲兵中尉役で出演。

 

作品によって全く表情を変える彼のアルバムの中でも、

もっとも異色ともいえる作品。

なんと山下洋輔との共演!!

とにかく最後まで聞いてみてください。

 

アルバムはこちら、

bang!

BANG! / 三上寛

 

 

 

なお、Wikipedia によりますと、
「戦場のメリークリスマス」の配役は、
鬼軍曹ハラには、ビートたけしではなく勝新太郎が、
陸軍大尉ヨノイには、坂本龍一ではなく沢田研二が、
それぞれ予定されていたそうです!!

 

 

 

それじゃ、また!!

 

 

 

1/12(土)今年初のアークシップ作戦会議を開催しました!!皆さん今年もよろしくお願いします!! UPDATE:2013.1.14

 

こんにちは!

会員番号No.51の渡辺真実です!

作戦会議写真2013_10

 

1/12(土)の夜に、今年初のアークシップ作戦会議を開催しました。

今回はなんと、新規入会者3名、見学者3名もの方が来てくださいました!!

毎月、着々とスタッフが増えていっています!嬉しいですね〜♪

 

 

 

作戦会議写真2013_4

 

アークシップの作戦会議では、毎回最初に、自己紹介タイムを設けています。
名前、会員番号、アークシップ歴、その日決められたテーマについての一言を、
一人一分で、リレー形式で行います。
今回は作戦会議初参加の方が多数いたので、
この自己紹介タイムが、スタッフ同士の仲を深める重要な役割を果たします♪

 

さて、今回の自己紹介タイムのテーマは、
「どんな年末年始を過ごしましたか?」

 

作戦会議写真2013_6

 

実家で過ごした、年越しライブに行ってきた、久しぶりに友達に会った…などなど、

みなさんそれぞれ、お正月を満喫していたようです(*^_^*)

 

続いては、企画会議。

一つめは、ホッチポッチミュージックフェスティバル の今後の進め方について、

代表からご説明がありました。

作戦会議写真2013_1

 

ホッチポッチミュージックフェスティバルのコンセプトは、

「みんなちがって、みんないい。ごちゃまぜになってハッピネス」。

音楽が大好きな人はもちろん、普段なかなか音楽に馴染みのない人達にも楽しんでもらうため、

10月末のイベント当日に向けて、年明けから準備を進めていきます。

出演者決定や、広報計画も、これから決めていきます。

わくわくしますね♪

 

続いては、「森・水・音楽 in 宮ヶ瀬」について、

西さんからご紹介がありました。

作戦会議写真2013_5

 

アークシップ初の県央進出イベントとなります!!

さらに、NPO法人日本の竹ファンクラブさんが主催する「竹林の間伐と野外料理」に参加させて頂いたあとに、

宮ヶ瀬にて、「森・水・音楽 in 宮ヶ瀬」を開催します。

詳細は近日発表しますので、お楽しみに〜!

 

 

最後は、ホワイトキューブでの企画アイディア出しと、アークシップ新運営体制について。

アークシップは、今年で設立10周年になりました。

次の20周年に向けて、参加しやすく、尚且つ、参加したことでたくさんのハッピーをもたらす組織にするために、

新たな運営体制を整えていきます。

組織改革のビジョンは、

・メンバーに役割があることで参加意識が高まり、活気がある!!

・メンバー同士助け合い、つながりが高まる!!

これらを実現すべく、それぞれのスタッフの役割決めが、着々と進行中です。

作戦会議写真2013_7

 

新たなアークシップの一歩といえば、

昨年の11月から、Pacific Studioを経営しています。

その中の一つの部屋、「ホワイトキューブ」を自由に使える企画のアイディア出しを、

カードミーティング形式で行いました。

作戦会議写真2013_8

 

作戦会議写真2013_9

 

音楽入門講座、ロックや好きな音楽のコミュニティ、映画館、日曜大工の会、お化け屋敷、流しそうめん……

などなど、たくさんのアイディアが出てきました!

どれも面白そうでしたが、会議参加メンバーからの投票により、

 

・夏休みの自由研究のアイディアを授ける会

・手作り絵本講座

・仏教を学ぶ会

・ベイスターズを強くしようの会

・パイ投げ

 

以上の5つが人気でした〜〜〜!

これから実現するために企画を練っていきます。

 

ホワイトキューブ利用の理想は、

「いつでも人がいて、笑顔にあふれた人の動きがあること」。

温かく、気軽に立ち寄れる場所にできるよう、試行錯誤しながら、

皆さんに楽しんで頂ける企画をしていきます☆

 

アークシップは、今年も、様々な新しい試みに挑戦しながら、

お客さんにも、地域にも、スタッフにも、すべての方々にハッピーを提供できるように活動していきます!!

 

皆さん、今年もよろしくお願いします!!

 

まっしゅの徒然日記#17 UPDATE:2013.1.13

みなさん、こんにちは。ブログ編集長のまっしゅです。

3連休中日の今日、いかがお過ごしですか??

福島は相変わらず雪が降っています。。。

 

アークシップスタッフは、音楽好きはもちろんなのですが、

読書好きの人もたくさんいて、本の情報を交換しあったり、本の貸し借りなどもしたりすることもあります。

 

あたしの漫画好きは自他共に有名ですが、小説を読むのも割と好きです。

最近のヒットはこれ。↓↓↓

 

41px0rre-HL._SX230_

 

決して病んでる訳ではありません(笑)これが好きって話すと病んでるの?とよく聞かれるので。

ネタばれになってしまうのであまり書けませんが、

本についていた帯にはこう書かれておりました。

 

****************************

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして新たな人生を歩み始めた十一歳の少女は、なぜ伝説の殺人鬼になってしまったのか?

 

後味悪くて読んで後悔<<<(大なり)読まないと後悔!
9章のラストまで読んでほっ・・・と胸をなでおろし、「なかなかだったな」と本を閉じてしまった方、間違っています。
この本はあとがきまでが物語です。繰り返します。
あとがきまでが物語です。
頭をガツンと殴られたような衝撃が待っています・・・!

 

*****************************

 

気になりません?あたしはとっても気になってしまってすぐ買ってすぐに読破しました。

面白くて先が気になってしまって、読むのを止められなかったのです。

そしてまたすぐこの本を買いました。

index-book_1

 

あたしの読みたくて読みたくてたまらない衝動は止められないのですよ(笑)

 

この間に「私はフジコ」という短編小説もあるのですが、それもすぐ読んでしまいました。

 

この小説は、人間の闇というか一歩間違えたら自分もこうなってしまうのではないかという

黒い部分がたくさん描かれていて、読んだ後味はあまり良いものではないのですが、

確かに読まないと後悔する…あたしはそう感じました。

 

世の中、ハッピーエンドの小説はたくさんあるけれど、

たまにはこういう小説を読んで、自分自身と向き合うそんな時間もあってもいいのではないかと思いました。

 

この小説が気になった方はぜひまっしゅまで声をかけてくださいね。

 

【今日の1枚】1/12(土) 作戦会議#10の様子 UPDATE:2013.1.12

今年初めてのアークシップ全体MTGを行いました!!

2013_1MTG

【私的音楽評】NO,171「DANCE BABY DANCE/福耳」担当:長谷川 UPDATE:2013.1.10

 

【DANCE BABY DANCE/福耳】

dancebabydance

 

先日スタッフの一人に「最近楽しいことありましたか?」と聞かれた。

突然の質問に回答するまで少し考えてから、「最近高校時代の友達とバンドを20年ぶりくらいに始めたこと」と答えた。

 

20年と文字で書くと、なんだかとても長い時間が過ぎているのだが、感覚としてはそんなに時間が経ったように思えないから不思議だ。

 

確かに時は過ぎているのだが、一緒にバンドで音を出して楽しいと思える感覚と練習後の飲み会が異様にテンションが当時と変わらずとても居心地が良い。

 

 

かっこつけた言い方をすると、自分は音楽に生かしてもらっている。

今自分がつきあいのある人たちは、音楽という存在が無ければ知り合えなかった。

アークシップ自体が存在もしていない。

 

今回昔の仲間と一緒に音楽を通じてまたつながることが出来て、今までよりもっとハッピーになれた。

 

音楽があって本当に良かった。

 

こういう機会を自分以外にも生み出せるように頑張ろう。

 

 

曲は、今度のおとバンで演奏する予定の曲です。

 

 

 

▼You Tubeでチェック!!
http://www.youtube.com/watch?v=u_pW7NEhlvg&list=PLufEZFLXUydTnFQhsK7yCgf01c7INyFmB

【0107】今日の1枚 仕事はじめ UPDATE:2013.1.7

2013,1女子祭り

 

こんにちは、アークシップの長谷川です!!

本日よりアークシップ事務局は本格始動です。
今年もよろしくお願いします!!
仕事始めの今日は、女子まつり。
年末にあった男子まつりよりやっぱり良いですな。

まぁ、見えてないだけで特別会員の本さん、私、佐々木くんもいたんですけどね・・・

 

あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!! UPDATE:2013.1.3

 

あけましておめでとうございます!!

アークシップ代表の長谷川です。

 

アークシップは、今年2つの新たなことにチャレンジしていきます。

一つは「Pacific Studio」の運営です。

通常スタジオの運営だけでは無く、ワークショップなども行う新しいスタイルの発信基地を目指します。

 

そしてもう一つはアークシップへの関わり方の多様性を広げることです。

これはまだ発表できる段階ではありませんが、僕の頭の中には妄想から実現レベルに移す算段が付いてきました!!

 

その結果、アークシップに関わる人たちが、もっとハッピーで楽しい時間になれたらと思っています。

 

 

2013年が皆さんにとってもステキな1年になることを願っています。

 

今年も音楽でたくさんのハッピーを生み出せるよう頑張りますので、今年もよろしくお願い致します。

 

 

トップページ » アークシップブログ

PAGE TOP